【うわさの会見場から】

藤原紀香、結婚会見に記者苦笑い! 「愛之助とテンション違いすぎ」「指輪を見せてすごいドヤ顔」

norikafujiwara00.jpg
ドヤ顔はデフォルトなんです

 30日に入籍した藤原紀香と片岡愛之助が、翌31日に都内・帝国ホテルで記者会見を行った。金屏風前で紋付き袴に着物姿と、絵に描いたような大物芸能人カップルの結婚会見となったが、現場を訪れたマスコミ関係者は“両者のテンションの違い”に苦笑していたという。

 入籍により、紀香は晴れて“梨園の妻”となった。写真撮影時には、半歩下がることによって紀香が愛之助を立てていたといわれているが、会見中は“ノリノリ”な紀香と対照的に、愛之助はどちらかと言えば“引き気味”の様子だったという。

「あまり表情を変えない愛之助に対して、紀香は照れ笑いとドヤ顔を交互に繰り返すというご満悦ぶり。愛之助に質問が出た際には、まず紀香が愛之助にマイクを使わず小声でささやき、それから愛之助が話し始めるシーンが多かった。ある記者は『ささやき女将か』と突っ込んでいました」(テレビ局関係者)

 結婚会見では恒例の“指輪披露”に際しては、マスコミ陣も笑ってしまいそうになるほど、紀香が上機嫌だったという。

「指輪の質問が出た瞬間の紀香のドヤ顔はすごかったですよ。愛之助が指輪について説明する途中も、これでもかと記者たちに左手の指輪を見せつけていました。値段については、愛之助が『ご想像にお任せします』と答えていましたが、紀香としてはオープンにしてほしかったのか、少し不満気でした」(同)

 また、この日の会見は、表向き愛之助が所属する松竹が取り仕切っていたというが、実情は完全に紀香が主導権を握っていたようだ。

「紀香所属のサムデイを飛び越え、親会社であるバーニングプロダクションの“番頭”K氏が会見場で忙しそうにしていました。テーブルや小物のセッティングから照明の調整まで、愛之助のスタッフにいちいち文句を付けていましたね。また、会見中は挙手制の質疑応答タイムが設けられていましたが、K氏は事前にスポーツ紙やテレビ局スタッフを集めて、質問内容を集約させたりと調整を行っていた。司会から指名される質問者も、全てバーニング担当の記者やレポーターでした」(同)

 2人の交際や結婚自体も、当初から紀香主導といわれていたが、この日の会見も紀香とバーニングによって執り行われていたようだ。半歩下がりつつも常に手綱を締め続ける紀香だが、この“ドヤ顔モード”はいつまで続くだろうか?

紀香って、本当に愛されてる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに