今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ショーンKの降板で苦難に喘ぐフジテレビが、いまこそ考えるべきこと

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

2016seankp.jpg
サンディ公式サイトより

◎結局ハーバード卒の米国人に
 テンプル、入ってる。でも出てない。テンプル大学さえ出てなかったのか。そしてまたもや受難はフジテレビ。どうすんだ来週始まる報道番組のメインMC。もう小林悠でどうだ。ダメならクリス・ペプラーとかジョン・カビラとか、川平慈英あたり、そーっと置くか。一周回って、博多華丸が座ってたら見直すんだが。たまにはそういう、昔取った杵柄見せてくれや。

◎悪行の断ち方
 巨人、阪神、西武、広島、楽天と、続々と発覚している「声出し」。近年始まったとは思えない、いかにも野球界な、昭和っぽい習慣である。

 賭け事だからやっちゃいけないワケだが、「それ賭け事だから俺やりません」って言える選手が一体どれだけいるのだろうか。言えたとしたら、それは桑田レベルの鼻つまみ者。NOと言える勇気はなかなか。イヤならDeNAに入るしかない。

 あそこは、声出しもできないくらい皆金なくてカツカツだろうから。掛けたところですぐ負けるし。それとも1人あたり10円くらいでやってたのかな。もしかしたら「うまか棒」とか集めてたのかもしれない。とりあえず、今年は「声出しができるレベル」の内容を目指して。頑張れDeNA。

◎ネバー・カム・バック
 直接謝罪なし。カーテン閉めた車で病院直行を選んだ清原。それを追う上空からのヘリ映像には、追随する無数のバイクや車が映ってて、画ヅラがちょっと『マッドマックス』。あそこで、口枷はめて車のボンネットの舳先に括り付けられて出てきてくれたら、「ああ、コイツはきっと大丈夫」と安心できたのに。別件逮捕ですぐ逆戻りか。

 映画とは違い、ヤツがここに二度と帰ってこないことを祈るばかりだ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!