[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

「パパの育休」だけが育児参加じゃない! 男親が幼稚園役員をやってみてわかったこと

kosodateilust212.jpg
(C)倉田真由美

 娘ココが幼稚園を卒園するまで、あと1カ月! オレは今年度からクラス役員をやっているので、この時期は忙しくなるなと覚悟をしていたのですが、意外にクラス役員ってそこまで忙しくないんですよ。

 年長クラスの保護者が卒園に向けてやることは、卒園アルバム制作、懇親会、謝恩会の仕切りや準備があり、それに基づく会計係、プレゼントなどを買う購入係などをママたちが担当してます。役員の仕事は、それぞれの担当から進行状況、確認事項の報告があった時に、クラスのママ全員に一斉メールを送って報告することと、あとは園長先生や担任の先生への報告と調整です。

 役員はオレともう1人のママがいるし、毎週のようにすべきことはなかったので、「役員ってこんなにやることがないんだ……」と不安になったほど。オレが役員としてやった大仕事は、ママ飲み会1回・パパ飲み会1回の仕切りと準備だけかも。特にココがいる年長クラスには、お兄ちゃんお姉ちゃんがいるママが多かったので、卒園に向けてのスケジュール管理や進行に慣れているようで、かなり助かりました。

 唯一大変だと思ったのは、謝恩会の準備です。謝恩会というのは、卒園式直後に園の教室で子どもたち・ママたちが、園長先生や担任先生へ感謝の気持ちを伝える場。例年、子どもたちが先生に向けて歌を披露したり、クイズを出したり、先生へ感謝の言葉を送ったり、と出し物が中心なんですが、今年の謝恩会係のメンバーには先輩ママが1人もいなかったため、出し物がなかなか決まらず、当日の弁当の内容や金額、教室内の飾り付けの予算と担当を決めるのに手間取ってしまったよう。しかも謝恩会係のママたちはみなさん仕事をしている関係で、全員が集まって話し合いをする時間がなかなか取れず、諸々の決定に時間がかかったみたい。ちなみに、謝恩会には保護者は一人しか参加できないんです。オレも役員ですが、出席するのは妻くらたま。教室が狭いからというのが理由みたいですね。

 各係の打ち合わせとは別に、幼稚園から保護者に対して連絡事項を伝えたり、話し合いを行ったりする保護者会があるんです。オレが出席できなかった去年の保護者会で、謝恩会係の方から、謝恩会にはうちだけ夫婦で出席してはどうか、と保護者のみなさんに提案があったんですって。オレはクラス役員をやってるから、多分気を使ってくれたんだと思う。その場では反対意見が出なかったので、後日、謝恩会係からオレも出席可能だとメールで知らせてもらったんです。ただ、謝恩会には夫婦で参加しないルールだし、オレだけ例外はダメでしょ! なので「気持ちはありがたいのですが、オレは参加しません」と返信しましたよ。

「自覚的な男親」の存在は確かに救いになります!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  13. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ