なぜか豪華出演陣

ドナルド・トランプの風刺映画、特殊メイクを施して演じているのは、あの大物俳優!

 2月20日の米共和党サウスカロライナ州予備選挙で圧勝し、大統領選の指名獲得にますます現実味が増してきたドナルド・トランプ。そんなドナルドの“風刺映画”を大手コメディサイトが配信しており、ネット上で大きな話題を集めている。

 話題になっている作品は、1時間弱のもの。実際に発売された『トランプ自伝 不動産王にビジネスを学ぶ』を実写映画化したものという設定で、大手コメディ動画サイト「Funny Or Die」が10日に配信を開始した。

 映像は、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞監督&作品賞を獲得した映画監督/プロデューサーのロン・ハワードが、作品紹介するシーンからスタート。淡々とした口調で、今回放送するのは、ドナルドが1987年に発売した自伝を基に、88年にテレビ映画として制作された「脚本、監督、主演、すべてがドナルド・トランプ」という貴重な作品だと説明。同年に放送される予定だったものの、高視聴率で知られるアメフトの生中継に放送枠を取られてしまい、大激怒したドナルドが「絶対に放送しない」と宣言し、お蔵入りに。そのビデオテープが、昨年夏にアリゾナ州フェニックスのガレージセールで売られているところを、ロンが偶然発見。「手に入れるためには、ジニーという女性と争わなければならなかったが……」と遠い目をしつつ、「なにはともあれ、今は私のもの。早速見てみましょう。初放送となります!」とビデオデッキにテープを入れる。

 「脚本、監督、主演、すべてがドナルド・トランプ」とはいうものの、実際にドナルドを演じているのは、なんと俳優のジョニー・デップ。特殊メイクで顔を太らせ、口調もドナルドそっくりのジョニーが、「10歳の誕生日に見た、タージ・マハルの前に立つ子どもの写真が私の人生を変えた。私はいつか必ずタージ・マハルを手に入れると誓った。30年後、私はインドなんかよりもマシな、ニュージャージーに建つカジノのタージ・マハルを手に入れることにした」と語るシーンから始まる。

 物語は、偶然ドナルドのオフィスに迷い込んだ少年に、ドナルドが自分がいかに偉業を成し遂げてきたかを自慢げに話す形で進行。少年が持ってきた『トランプ自伝~』を、「これは聖書の次に売れてる本なんだぞ。聖書は12人もかかって書いた本だけど、オレは1人で書いた」とドヤ顔で説明する。高慢で口の悪いドナルドは、この日、40歳の誕生日だったのだが、誰も祝ってくれる人はいない。「でも、忙しすぎて悲しむ暇なんてないね」と、今週どれだけの大物に電話したかを自慢。そして、「言葉だけでなく実行しろ」と、サクセスストーリーを語りだす。

 粘り強い交渉のポイントをズレた視点でコミカルに描きながらストーリーは進むのだが、途中でドナルドは少年の名前を聞き、ラテン系であることを知ると、少年役が突然アジア人少年へと変更される。メキシコからの移民反対を掲げているドナルドを皮肉るシーンなのだが、ジョニーの演技が絶妙だからか、悪意があるようには見えない。

 ドナルドと元妻イヴァナとの結婚式のシーンでは、日本でもおなじみの宇宙人・アルフが登場。日本では所ジョージが吹き替えをしていたことで人気を得たアルフも、口が悪いことで知られており、ドナルドの親友役としてぴったり。ちなみに、ドナルドの元妻イヴァナに対する扱いはひどく、典型的な男尊女卑に描かれている。

 その後、アジア人少年に「お前、韓国人か?」と聞き、少年が「日本人だよ」と答えると、「もうガキはいらん!」とドナルドが叫んだことで、今度は黒人少年へと変更。しかし、ドナルドが持っていた図面に「この建築クールだよね」と言ったことが気に入らず、ワンシーンで別の白人少年へとチェンジ。少年は、ドナルドから、「物事を大きく考えること」「信じるもののために戦うこと」「夢を追いかけること」「図々しくあること」「金持ちと結婚すること」「有能な弁護士を雇うこと」「寛容であること」などを学んだと美談っぽくまとめ出す。

このころからもう髪型がおかしい……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 「オワコン女優」認定の3人は?
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. “消えたAKB48”河西智美は今
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 江角マキコのバックに超有能弁護士

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ