芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

スーパーボウルでのショーも政治色強すぎ!

【関連ワード】

セレブ

ビヨンセ

Beyonce05.jpg
ジェイ・Zによるビジネス展開と思えなくもない

 2月7日に開催された、アメリカ最大のスポーツイベント『スーパーボウル』のハーフタイムショーでメインパフォーマーを務めた英ロックバンド「コールドプレイ」のボーカル、クリス・マーティンが、コラボパフォーマーとして出演したビヨンセに、コラボ曲を「最悪」だと却下されていたことを激白。ビヨンセは、物議を醸している新曲「Formation」を発売したばかりで、さらなるバッシングが巻き起こっている。

 『スーパーボウル』前日の6日に突如発売した、新曲「Formation」の歌詞があまりにもヤバいと波紋を呼んでいるビヨンセ。「アタシがどんだけ懸命に働いて、金を稼いでると思ってんの」「彼にフ●ックで満足させてもらった後は、(シーフードレストランの)レッド・ロブスターでおごってあげるの」という18禁な歌詞だけでなく、冒頭で流れる「ニューオーリンズ(※)でなにが起こったのか、わかってんのか? ビッチ、ご期待に応えて戻ってきたぜ」という人気黒人ラッパーのメッシー・マイアのセリフが黒人差別を訴えている、と衝撃が広がっているのだ。ほかにも、「アタシ、自分の黒人っぽい鼻、気に入ってんの。ジャクソン5とおそろいよ」と歌うなど、「Formation」は黒人賛美の内容に仕上がっている。

 同曲のミュージックビデオには、警察官が黒人を撃ち殺すことへの非難を表すシーンもあり、多くの白人ファンが「ビヨンセが人種差別についてここまではっきり表現するなんて……」とショックを受け、憤りさえ感じていると現地メディアは報じている。

 ビヨンセはハーフタイムショーに、1993年、マイケル・ジャクソンが同ショーでパフォーマンスした際に着用していた衣装とそっくりの衣装で登場し、この「Formation」を熱唱。ダンサーたちは、60年代後半から70年代半ばにかけて活動していた黒人解放武装組織「ブラックパンサー党」を思わせる衣装を着ており、差別を受け続けているアメリカン・アフリカンへのオマージュだとネット上は騒然。

 歌詞を聞いていなかった白人たちは試合終了後にやっと気がつき、「なにこれ? 白人を非難してるの?」「警察官にエスコートしてもらって会場入りしたくせに、警察官に黒人撃つなって歌ったり」と大騒ぎ。元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニも、「全米を楽しませるエンターテインメントショーを演壇として利用するなんて非常識だ。警察官を非難するなんてとんでもない。白人だけじゃなく、黒人だってほかの人種だって、命を懸けて守ってくれているのに」と厳しく責める騒ぎに発展している。

 これまで女性の強さや、愛といったハッピーソングを歌ってきたのに、どぎつい人種差別ソングを歌うハードコアなシンガーに変貌してしまったビヨンセ。

 そんな中、クリスが米大手音楽誌「ローリングストーン」最新号のインタビューで、「ビヨンセとコラボしようと思って曲を作ったんだけど、“最悪”だと却下された」と暴露したのだ。クリスは、「ビヨンセとコラボしようと思って、『Hook Up』という曲を書き上げた。そして、スタジオに彼女とプロデュースチーム「スターゲイト」のメンバーを招いて披露したんだけど、ビヨンセに断られてしまった」と告白。「彼女は、ものすごく言葉を選んでくれてね。できるだけスイートな感じに断りたかったんだろうね」と皮肉りながら、「こう言われたんだよ。“あなたのことは好きだけど……これは最悪だわ”」。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!