ゴージャス松野×ビッグダディ対談(前編)

ゴージャス松野とビッグダディが語る、俺たちがホストになったワケ

daddy_matsuno1.jpg
ビッグダディ(左)とゴージャス松野

 マネジャーを務めていた女優・沢田亜矢子とのドロ沼離婚後、整形してホストデビューし、2002年にはプロレスに進出、現在もレスラーとして活躍するゴージャス松野。5度の結婚と5度の離婚を経て、13年にプロレスデビュー、15年9月にはホストデビューを果たしたビッグダディこと林下清志。共通点が多い2人が初対面し、ホストに転身した理由や人生を語った!

――松野さんは15年前にホストデビュー、ダディは2015年9月にデビュー。おふたりともなぜホストになったんですか。

ゴージャス松野(以下、松野) 新宿警察署の警官に、愛田武さん(愛本店創業者)を紹介されたことがきっかけです。離婚騒動で社会的な批判も多く、アルバイトもできる状況じゃなかったんで、生活のためにできる仕事はなんでもやろうという思いでした。ダディさんは、クラブA.C.Tオーナーの愛田孝さん(愛田武さんの息子)と共通の知り合いがいたことがきっかけで、お金には困ってないけど始めたと聞きました。

ビッグダディ(以下、ダディ) そんなことないですよ。もっとガツガツ稼がないと、仕送りだけで四苦八苦です。とはいえ、ホストと自分は生き物の種類が違いますから、稼げない。こんなこといってはなんですが、僕は“客寄せパンダ”なので。

松野 そんなこと言っていいのかどうか(笑)。僕も給料制でいただいてたので、指名をいただいて売り上げを上げるというよりは、お店の顔としてご挨拶したり、ヘルプで呼ばれたときに盛り上げたり。ホストクラブは足を踏み入れにくいと思っている女性もいるので、「そんなことはないよ」ということを伝えていければ、と。

ダディ ホストの仕事はおもしろいんですけど、次の日が厳しいですね。自分は整体が本業で、ホストは毎週火曜日だけですが、これが毎日なら体を悪くしそう。

松野 自分は土日だけでしたけど、命かけてましたもん。ほどほどにしとけばいいんですけど、とことん飲んじゃうから。

ダディ 実際に店に入ってみて、ホストに対するイメージが変わりました。自分はここのミーティングが大好きなんです。他の企業の若い連中を参加させてやりたいと思うくらい。みんな意識が高くて、へんな言い方ですけど、真っ当だし、いろんな観点からものを考えてる。

松野 お客さんにお金を払っていただくためのサービスとはどういうものか、仕事の根本について突き詰めて考えさせられますね。

ダディ お客さんにはいろんな方がいますしね。自分は、今まで「我慢しなきゃならない」とか「よく考えてしゃべらなきゃいけない」という人生を送ってこなかったので、いい修行になっています。普通だったら「ふざけんなよ」というところも、ニコニコしながら「そうですね〜」と。

松野 このお店は若いお客さん多いですか? 自分の頃は70歳近くのホストもいて、お客さんの年齢層も幅広かった。

ダディ 圧倒的に若い人が多いですね。

bigdaddy3.jpg

――10月9日に放送された『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)で、ダディさんは坂上忍さんに「『バイキング』で何もしゃべらない」と批判されていましたが、お店ではしゃべれていますか。

ダディ 『バイキング』(同)では、ああいうポジションだと自分では思ってたんですけどね。ホストクラブでは、今まで培ってきたトークはほとんど使えないので、難しい。

松野 テレビはテレビで表現の仕方が違う。ディレクターが求めてないことをやっても喜ばないし、僕の場合は叩かれてたから、そういうキャラクターを演じさせられる部分はかなりあった。

ダディ 自分は演じないからだめなんです。どの番組に出ても、ほとんど無表情。ずっとテレビに出続けてる人はすごいなと思いますよ。

ゴージャスの筋肉の本気度!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー