仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

滝沢眞規子、「社会に出た生意気な女」発言に見た“自意識のオオモノ”としての顔

takimakibook.jpg
『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「(滝沢眞規子さんは)プロ意識が高い」佐田真由美
『ボクらの時代』(フジテレビ系、10月11日放送)

 職場であれ、プライベートであれ、女性同士の人間関係に“褒める”という行為は欠かせない。褒められてうれしくない人はいないし、褒める側も、「相手の美点に気づく」という美点を持っていると周囲から高評価を得る。

 が、褒め言葉にこそ、相手への真の評価や棘が潜むのではないかと思うことがある。その代表例が「プロ意識が高い」という表現ではないだろうか。

 10月11日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)のゲストは、人気モデルである佐田真由美、清原亜希、滝沢眞規子である。子ども時代からモデルを始めキャリア35年の佐田、ミスセブンティーンコンテストを経て芸能界入り、アイドルとしては鳴かず飛ばずだったが、プロ野球選手清原和博と結婚後、「STORY」(光文社)の表紙モデルとなり、人気を博した清原に比べ、滝沢眞規子(以下、タキマキ)は「専業主婦で、3人の子ども、会社社長の夫とともに街を歩いていたとき、通りがかったライターに読者モデルとしてスカウトされ、その後、いきなり『VERY』(同)の表紙モデルに抜擢」と、よく言えば“シンデレラ”、悪く言えば“シロウト感”が漂う経歴の持ち主である。

 キャリア35年の佐田と、10代でアイドルとなってモデルに転向という“王道”を歩んできた清原にとって、タキマキの「30代でスカウトされる」という経歴は信じがたいもののようで、佐田は「主婦の神」「私もなれるんじゃないかと主婦に夢を与えた」と評し、「プロ意識が高い」と付け加えた。

 一見褒めているように思えるが、引っかかるのが“主婦”と“プロ意識”という言葉である。「VERY」の表紙モデルになりたいと切実に願うのは、主婦層よりもそれで生計を立てるプロのモデルだろう。にもかかわらず、佐田がタキマキを主婦くくりに入れるのは、彼女を“プロのモデル”ではなく、“主婦の中から選ばれたモデル”とみなしているからではないか。

 「プロ意識が高い」という言葉も、努力家を思わせる褒め言葉に思えるが、実はプロに対してあまり用いない表現である。なぜなら、プロが問われるのは意識ではなく、結果だからである。プロ意識という言葉が使われやすいのは、子役など、本職と比べて半人前でも許される存在に対してである。芸歴35年の佐田から見ると、タキマキはプロと呼べる存在ではない、ということだろう。

「滝沢眞規子になりたい」と思ってしまったら地獄かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー