仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

滝沢眞規子、「社会に出た生意気な女」発言に見た“自意識のオオモノ”としての顔

takimakibook.jpg
『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「(滝沢眞規子さんは)プロ意識が高い」佐田真由美
『ボクらの時代』(フジテレビ系、10月11日放送)

 職場であれ、プライベートであれ、女性同士の人間関係に“褒める”という行為は欠かせない。褒められてうれしくない人はいないし、褒める側も、「相手の美点に気づく」という美点を持っていると周囲から高評価を得る。

 が、褒め言葉にこそ、相手への真の評価や棘が潜むのではないかと思うことがある。その代表例が「プロ意識が高い」という表現ではないだろうか。

 10月11日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)のゲストは、人気モデルである佐田真由美、清原亜希、滝沢眞規子である。子ども時代からモデルを始めキャリア35年の佐田、ミスセブンティーンコンテストを経て芸能界入り、アイドルとしては鳴かず飛ばずだったが、プロ野球選手清原和博と結婚後、「STORY」(光文社)の表紙モデルとなり、人気を博した清原に比べ、滝沢眞規子(以下、タキマキ)は「専業主婦で、3人の子ども、会社社長の夫とともに街を歩いていたとき、通りがかったライターに読者モデルとしてスカウトされ、その後、いきなり『VERY』(同)の表紙モデルに抜擢」と、よく言えば“シンデレラ”、悪く言えば“シロウト感”が漂う経歴の持ち主である。

 キャリア35年の佐田と、10代でアイドルとなってモデルに転向という“王道”を歩んできた清原にとって、タキマキの「30代でスカウトされる」という経歴は信じがたいもののようで、佐田は「主婦の神」「私もなれるんじゃないかと主婦に夢を与えた」と評し、「プロ意識が高い」と付け加えた。

 一見褒めているように思えるが、引っかかるのが“主婦”と“プロ意識”という言葉である。「VERY」の表紙モデルになりたいと切実に願うのは、主婦層よりもそれで生計を立てるプロのモデルだろう。にもかかわらず、佐田がタキマキを主婦くくりに入れるのは、彼女を“プロのモデル”ではなく、“主婦の中から選ばれたモデル”とみなしているからではないか。

 「プロ意識が高い」という言葉も、努力家を思わせる褒め言葉に思えるが、実はプロに対してあまり用いない表現である。なぜなら、プロが問われるのは意識ではなく、結果だからである。プロ意識という言葉が使われやすいのは、子役など、本職と比べて半人前でも許される存在に対してである。芸歴35年の佐田から見ると、タキマキはプロと呼べる存在ではない、ということだろう。

「滝沢眞規子になりたい」と思ってしまったら地獄かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  2. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  3. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  4. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  5. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  6. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  7. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  8. 岸優太の無邪気さがすごい
  9. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  10. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  11. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  12. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  13. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  14. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  15. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  16. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  17. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  18. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  19. バストも自信もアップした秘密
  20. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. 岸優太の無邪気さがすごい
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと