仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

滝沢眞規子、「社会に出た生意気な女」発言に見た“自意識のオオモノ”としての顔

takimakibook.jpg
『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「(滝沢眞規子さんは)プロ意識が高い」佐田真由美
『ボクらの時代』(フジテレビ系、10月11日放送)

 職場であれ、プライベートであれ、女性同士の人間関係に“褒める”という行為は欠かせない。褒められてうれしくない人はいないし、褒める側も、「相手の美点に気づく」という美点を持っていると周囲から高評価を得る。

 が、褒め言葉にこそ、相手への真の評価や棘が潜むのではないかと思うことがある。その代表例が「プロ意識が高い」という表現ではないだろうか。

 10月11日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)のゲストは、人気モデルである佐田真由美、清原亜希、滝沢眞規子である。子ども時代からモデルを始めキャリア35年の佐田、ミスセブンティーンコンテストを経て芸能界入り、アイドルとしては鳴かず飛ばずだったが、プロ野球選手清原和博と結婚後、「STORY」(光文社)の表紙モデルとなり、人気を博した清原に比べ、滝沢眞規子(以下、タキマキ)は「専業主婦で、3人の子ども、会社社長の夫とともに街を歩いていたとき、通りがかったライターに読者モデルとしてスカウトされ、その後、いきなり『VERY』(同)の表紙モデルに抜擢」と、よく言えば“シンデレラ”、悪く言えば“シロウト感”が漂う経歴の持ち主である。

 キャリア35年の佐田と、10代でアイドルとなってモデルに転向という“王道”を歩んできた清原にとって、タキマキの「30代でスカウトされる」という経歴は信じがたいもののようで、佐田は「主婦の神」「私もなれるんじゃないかと主婦に夢を与えた」と評し、「プロ意識が高い」と付け加えた。

 一見褒めているように思えるが、引っかかるのが“主婦”と“プロ意識”という言葉である。「VERY」の表紙モデルになりたいと切実に願うのは、主婦層よりもそれで生計を立てるプロのモデルだろう。にもかかわらず、佐田がタキマキを主婦くくりに入れるのは、彼女を“プロのモデル”ではなく、“主婦の中から選ばれたモデル”とみなしているからではないか。

 「プロ意識が高い」という言葉も、努力家を思わせる褒め言葉に思えるが、実はプロに対してあまり用いない表現である。なぜなら、プロが問われるのは意識ではなく、結果だからである。プロ意識という言葉が使われやすいのは、子役など、本職と比べて半人前でも許される存在に対してである。芸歴35年の佐田から見ると、タキマキはプロと呼べる存在ではない、ということだろう。

「滝沢眞規子になりたい」と思ってしまったら地獄かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー