芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

takimakibook.jpg
『滝沢眞規子 MY BASIC』(光文社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「(滝沢眞規子さんは)プロ意識が高い」佐田真由美
『ボクらの時代』(フジテレビ系、10月11日放送)

 職場であれ、プライベートであれ、女性同士の人間関係に“褒める”という行為は欠かせない。褒められてうれしくない人はいないし、褒める側も、「相手の美点に気づく」という美点を持っていると周囲から高評価を得る。

 が、褒め言葉にこそ、相手への真の評価や棘が潜むのではないかと思うことがある。その代表例が「プロ意識が高い」という表現ではないだろうか。

 10月11日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)のゲストは、人気モデルである佐田真由美、清原亜希、滝沢眞規子である。子ども時代からモデルを始めキャリア35年の佐田、ミスセブンティーンコンテストを経て芸能界入り、アイドルとしては鳴かず飛ばずだったが、プロ野球選手清原和博と結婚後、「STORY」(光文社)の表紙モデルとなり、人気を博した清原に比べ、滝沢眞規子(以下、タキマキ)は「専業主婦で、3人の子ども、会社社長の夫とともに街を歩いていたとき、通りがかったライターに読者モデルとしてスカウトされ、その後、いきなり『VERY』(同)の表紙モデルに抜擢」と、よく言えば“シンデレラ”、悪く言えば“シロウト感”が漂う経歴の持ち主である。

 キャリア35年の佐田と、10代でアイドルとなってモデルに転向という“王道”を歩んできた清原にとって、タキマキの「30代でスカウトされる」という経歴は信じがたいもののようで、佐田は「主婦の神」「私もなれるんじゃないかと主婦に夢を与えた」と評し、「プロ意識が高い」と付け加えた。

 一見褒めているように思えるが、引っかかるのが“主婦”と“プロ意識”という言葉である。「VERY」の表紙モデルになりたいと切実に願うのは、主婦層よりもそれで生計を立てるプロのモデルだろう。にもかかわらず、佐田がタキマキを主婦くくりに入れるのは、彼女を“プロのモデル”ではなく、“主婦の中から選ばれたモデル”とみなしているからではないか。

 「プロ意識が高い」という言葉も、努力家を思わせる褒め言葉に思えるが、実はプロに対してあまり用いない表現である。なぜなら、プロが問われるのは意識ではなく、結果だからである。プロ意識という言葉が使われやすいのは、子役など、本職と比べて半人前でも許される存在に対してである。芸歴35年の佐田から見ると、タキマキはプロと呼べる存在ではない、ということだろう。

『滝沢眞規子 MY BASIC(VERY BOOKS)』 「滝沢眞規子になりたい」と思ってしまったら地獄かも amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!