【うわさの会見場から】

「腕つかんででも呼んできて」宮沢りえ、遅刻で会見ピリピリ! 記者をさらに怒らせる通達も

2015miyazawarie.jpg
こういうところじゃないとマスコミに仕返しできないもんね!

 宮沢りえが7日、都内で行われたイベント「ブルガリ 回顧展」オープニングパーティーに登場した。総額約6,500万円のジュエリー・アクセサリーを身にまとった宮沢は、セレブ感ときらびやかさを前面にアピールしていたが、ある記者からの質問をめぐって、宮沢の所属事務所の対応にマスコミの不満が噴出する事態になってしまったという。

「この日、宮沢は午後6時にカメラマンの前で記念撮影をする予定だったのですが、時間通りに現れませんでした。スタッフはその都度、宮沢登場までの時間を『あと5分ほどです』などとアナウンスしていたのですが、これが二転三転。ついには記者から『時間になったら宮沢さんの腕をつかんででも呼んでください!』という声も飛ぶなど、ピリピリした空気になってしまいました。結局、宮沢が現れたのは1時間遅れの午後7時すぎ。遅れた理由は『回顧展』を隅々まで見学していたためと説明がありました」(ワイドショースタッフ)

 そんな殺気立った雰囲気などつゆ知らず、笑顔でマスコミの前に登場した宮沢。しかし、散々“お預け”を食らった記者からは、こんな質問が飛んだという。

「記念撮影後、記者から『ジュエリーをもらえるようないい男性は?』という質問が出たんです。宮沢は笑みを浮かべるのみで、何も返答はしなかったのですが、その後マスコミ対応を行っていた会社から、この部分の『使用NG』が通達されました」(同)

 宮沢は2012年5月に元プロサーファーの夫との別居を報じられており、現在も離婚協議中とみられるだけに、異性交際を連想させる発言は当然NG。

「宮沢の事務所からの要求は『質問があったこと自体、報道禁止』という徹底したもの。13年に、年下の俳優・小久保寿人との熱愛が一部で報じられた際にも、FAXで完全否定していた宮沢だけに、神経質になってしまうのは理解できるのですが……」(同)

 特に紙媒体からすれば、ほぼ唯一のポイントとなりそうなシーンが使用不可となってしまったため、「各社で『写真以外に使える部分がない』『散々に待たされたのに!』と、不満の声が上がったようです」(スポーツ紙記者)という。マスコミの前に登場する機会も少ない宮沢だが、久々の取材現場は少々後味の悪いものとなってしまったようだ。

むしろ、まだ離婚してなかったという衝撃

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー