[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

マジで地獄……娘のための防犯スプレーを自宅で噴射し、大惨事に!!

kosodateillust199.jpeg
(C)倉田真由美

 娘ココは現在、幼稚園の年長。来年は小学生なので、先日ランドセルを買いにいってきました。以前このコラムで書きましたが、この時期に注文しないと、好きな色やデザインは手に入らないのだとか。店内にはかなりの種類のランドセルがある! 本皮のものは雨に濡れると重くなるみたいだし、金額も8万円~10万円くらいするし、どうしよう……と悩み、結局はココの好きなものを選びました。クラリーノ(人工皮革)のランドセルがいくつかあったので、「ココ、どの色がいい?」と聞くと、外側が茶色で中がピンクの渋いランドセルを選びました。オレも妻くらたまも茶色がいいと思っていたので、ちょうどよかった! 手元に届くのは来年の3月ということです。

 問題は、どの小学校にするかという件。今住んでいる目黒区では、隣接している地区の小学校であればどこでも通えるので、選択肢は5校あります。うちとしては、幼稚園でココと仲のいい子たちが通うT小学校が第一候補なんですが、そこは自宅から徒歩で15分ほど。しかも通学路は、ガードレールのない道が結構長い! 信号も1つだけあります。車道といっても住宅街なので、車はそんなにスピードを出してないんだけど、まあ不安です。

 先日、T小学校の学校見学があったのでココと妻と3人で行ってきました。この日は授業参観だったのですが、オレらは部外者だったので、教室をブラブラ見て10分ほどで帰りました。ぶっちゃけ、なにもわからんわ! ただ、上の子がこの小学校に通っているというママ友に話を聞くと、毎年クラスの半分の生徒は中学受験しているそう。いまのご時世、特にうちの区では公立の中学に行く方が少数派らしい。なので、塾に通っている子が多いし、中学受験を考えてる子にとっては勉強する環境がいいそう。なるほどなあ。

 ちなみに第二候補はA小学校。ここは自宅から一番近い。通学路に車はそれほど通らないし、信号もない。徒歩で10分くらいと、T小学校よりちょっと近い。ただ、うちの幼稚園からA小学校に通う子は、女の子1人だけ。もうちょっとお友達がいると、いざという時に心強いと思うんですよね。ちなみに、ココに「どこの小学校に行きたい?」と聞くと、「私はT小学校に行く」と即答! この子はなにか決断する時の迷いが1ミリもない! すごいね、マジで。

 小学校については妻ともざっくり話しているんだけど、9割方はT小学校で決定かな。小学校に入って慣れるまでの2、3カ月はオレが朝一緒に行けばいいので、問題は帰り道。誘拐事件はだいたい下校時に発生してるらしいのです。以前に書いたけど、来年は学童代わりに英会話スクールに通わせることになっています。ここは送り迎えがあるしね。下校時の心配もだいぶ解消されるかな。

これが新しい大人の一人遊び!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー