[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

娘をママ友宅に預かってもらったら、他人を気遣うという娘の成長を発見!

kosodateillust198.jpg
(C)倉田真由美

 オレは、娘ココの幼稚園の役員をやってる関係で、ほぼ毎日のようにママ友たちとLINEをしています。以前も少し書いたけど、とあるママから「土曜日、昼から夕方5時くらいまで息子を預かってもらえない? パパも仕事でいなくて……」とメッセージがきました。オレは「オッケーだよ!」と返信しましたが、よく考えれば男の子かぁ、なにして遊べばいいんだろう。一瞬悩んだけど、まあ、どうにかなるでしょ! ココに「土曜日はRくんと遊ぶことになったけどいいよな?」と聞くと、「いいよ!」と即答。参考までに、「Rくんと幼稚園で遊ぶの?」と聞いてみると、「あんまり遊ばないかな。女の子と遊ぶから!」とのこと。まあそうだよな……。

 土曜日、昼前にRくん親子と近所の公園で待ち合わせ。Rくんママはその場で仕事に行き、3人でしばらく公園で遊んでから、うちにRくんを連れて自宅に行きました。部屋はリカちゃん人形やらビーズ作りキットやら『プリパラ』『アイカツ!』のカードやらであふれていて、ココは自分のおもちゃをRくんに見せつけるんだけど、Rくんはまったく興味ナシ! 彼のテンションが下がっていたので、ココと一緒にベランダでシャボン玉で遊ばせました。これは男女関係なく遊べるので、ココもRくんも楽しそう。ちなみにこの間、妻くらたまは部屋で仕事してました。

 で、みんなで近所の焼き肉屋にランチに行き、帰りに公園で遊んで、自宅に帰ってきてまたシャボン玉。そうこうしているうちに夕方5時になり、Rくんママが帰ってきました。やっぱり男と女は遊び方が違うので、一緒に遊ばせるのは大変だよな。女の子だったら塗り絵や人形遊びで、子どもたちだけで勝手に遊んでくれそうじゃないですか。でも、異性だと部屋で仲良く遊ぶのは無理。いちいちオレが間に入らなければいけないので、意外と疲れた……。

 後日、妻とスケジュール確認をしていると、とある平日の夜、互いに日時の変更もできなければキャンセルもできない仕事が入っていることが判明。妻は福岡へ飛び、オレも帰ってくるのが午後10時を過ぎる予定。ココを誰かに預けるか、自宅にオレの母親か妹に来てもらって面倒を見てもらうしかないかな。まずはココと仲がいいAちゃんのママに頼んでみようと、LINEしてみました。すると、「預かるのはいいけど赤ちゃんがいるので午後10時まではちょっと……」という感じだったので、「やっぱり預からなくて大丈夫です!」と返信しておきました。うーん、マジで困った! Rくんママにお願いすることはできるけど、男の子だからなあ。

 どうしたものかと悩んでいると、最近ココと一緒にバレエスタジオに通ってるSちゃん、そのママと一緒に公園で遊ぶ機会があり、無理を承知でお願いしてみると「予定なかったらいいよ」とうれしい返事! 助かったよ、マジで。Sちゃんにはお兄ちゃんが2人いるから、ココも喜ぶだろうし。

 当日は夕方5時に幼稚園にココを迎えに行ってSちゃん家に連れて行こうと思ってたら、Sちゃんママから「私が幼稚園でココちゃんを一緒に連れて帰るから大丈夫」とLINEがきました。かなりいい人で感動! 朝、ココに「今日はSちゃんママのお迎えでいい?」と聞くと、「やだ! 一度家に帰っていろいろ持っていく」と言い張る! 5歳の女の子にもなると、それなりに準備があるのだろう。Sちゃんママには「娘はSちゃん家に行くためにいろいろ持って行きたいみたいなのでお迎えは大丈夫! 準備できたら連絡するので」と伝えておきました。

「ママ友ができない」って言ってた日々がウソのよう……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク