【うわさの会見場から】

元AKB48・篠田麻里子、「肩書を女優に統一して」! 「その経歴で」とマスコミ失笑

shinoda.jpg
言ったもん勝ち女優・マリコ

 元AKB48・篠田麻里子が、7日に行われた出演映画『リアル鬼ごっこ』のPRイベントに登場した。しかし取材に訪れた記者からは、近頃繰り返しアナウンスされるという篠田に関する“ある指示”が、失笑を買っているのだという。

『リアル鬼ごっこ』はトリンドル玲奈、真野恵里菜、そして篠田がトリプル主演する話題作。原作は山田悠介の同名小説で、過去5度の映画化、またテレビドラマ化もされている。今作は人気監督・園子温がメガホンを取り、3人が扮する女子高生が“鬼”に追われるというサスペンスアクションに仕上がっている。

「先月には完成披露舞台挨拶、また公開日の11日にも公開記念イベントが行われる予定の注目作で、篠田や所属事務所としては、今後の芸能生活における転機になりうると、並々ならぬ期待を抱いているようです。その証拠に、情報が解禁された直後から、各メディアに対して『篠田に“元AKB48”の肩書は絶対に付けるな』と注文をつけるようになったんです」(スポーツ紙記者)

 篠田がAKBを卒業したのは2013年7月。「前田敦子、大島優子らほかの卒業生たちも、次第に元AKBという肩書で呼ばれなくなっているので、篠田もそれを意識したのでは」(芸能ライター)というが、篠田の所属事務所は、マスコミに対しさらなる注文をしてきたようだ。

「篠田の肩書を『女優で統一して』と言うんです。これがマスコミ関係者の間で、かなり失笑を買っています。篠田の女優活動というと、14年の連ドラ『家族狩り』(TBS系)以外は単発出演で、主なものは全てAKB時代のもの。この経歴で“女優”はちょっと無理があるのでは……」(同)

 篠田は、レギュラー出演する『PON!』(日本テレビ系)内での肩書が、当初「モデル・女優・デザイナーetc.」だったものの、プロデュースを務めたファッションブランドの営業停止騒動の影響からか、突如「マリコさま」になり、ネット上で話題になったことも。「デザイナー」からマリコさま」そして「女優」とめまぐるしい変化を遂げてきた篠田の肩書は、今回こそ定着するのだろうか?

最終的に“自由人”に落ち着いた人もいるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー