[連載]そうだソルティー京都、行こう

客を呼ばねば潰れる!? 観光激戦地・京都で見つけた、金福寺の必死すぎる“看板芸”

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。女性誌はこぞって京都特集を組み、ガイド本や京都観光エッセイがボロボロ出版されている。確かに京都には歴史がある。名産品がある。美味がある……そして誰も取り上げないけれど「しょっぱい京都」もある。

 しかし京都のほんとうの魅力は、こういうソルティーなところにあるのだ。上品ぶっている女性誌では取り上げないほんとうの京都の姿を、しっかり焼き付けて欲しい。そうだソルティー京都、行こう。

【第19回 金福寺】

 相変わらず京都は人気の街である。休日となれば四条辺りは人の頭がもくもくと茂り、京都のお洒落スイーツを腹に詰め込み、脳みそには 歴史を詰め込む若い輩でごった返している。

 人が集まるところに商売あり。京都では、より多くの人を自分のテリトリーに呼び込むため、あれこれ努力をしているようである。ステキ京都旅といっても、たいていは1泊2日、せいぜい3日いられればいい方だ。たいていの女子は京都好きとは言っても、ほかにやりたいこともいっぱいあるし、そんなにお金はないし、好きは好きだけど、そこまで一途じゃない、みたいな。だって沖縄とかほかにも行きたいところいっぱいあるし。

 故に、その3日の中でどこに行こうか、そりゃあ人知の全てを尽くして観光先を決めるのである。いくら人が多くても、宣伝をしなければ誰も振り向いてくれない。京都は過当競争に陥った街なのだ。

 さて、叡山電鉄一乗寺駅から徒歩10分のところに、詩仙堂という山荘がある。

zkonpukuji01.jpg
静かな時間を過ごすのにステキな場所

 それほど人気もなく、美しい庭を眺めながら読書でもしたら、偏差値がちょっと上げられるステキな場所である。うっとりしながら、さあ帰ろうかなと思った頃に、こんなものが目に入る。

zkonpukuji02.jpg
なにかに誘ってくれる看板

 こういう看板は記憶にあるぞ。嵐山にある千光寺だ。金福寺という看板の先にソルティーあり。これは行ってみなければならないだろう。

zkonpukuji03.jpg
まだ250m
zkonpukuji04.jpg
角を曲がる
zkonpukuji05.jpg
単位が距離から時間へ変化
zkonpukuji06.jpg
村山たか女ってだれだろう
zkonpukuji07.jpg
微妙なニュアンスを伝える矢印
看板が出てくれば出てくるほど塩分強まる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク