レギュラー2本ゲット!

テリー伊藤、『スッキリ!!』降板でさらに好調!? 炎上招くもテレビ業界で重宝されるワケ

itouterry.jpg
「上重アナのスキャンダル、面白かったよね?」

 今年3月末に『スッキリ!!』(日本テレビ系)を降板したテリー伊藤が、6月30日から『白熱ライブ ビビット』(TBS系)の火・水曜コメンテーターとして復帰することがわかった。『ビビット』は、月~金曜の午前8時~9時55分まで放送されている朝の情報番組。言わずもがな『スッキリ!!』の裏番組だ。

「古巣の裏番組に出演するだけでも驚きなのに、さらにテリーは『チャージ730!』(テレビ東京)の木曜レギュラーとして出演することがわかりました。同番組は、月~金曜の午前7時30分~8時15分まで放送されており、これまた『スッキリ!!』『ビビット』の裏番組です」(芸能ライター)

 9年間レギュラーを務めた『スッキリ!!』では、テリー伊藤の発言が何度も物議を醸した。脱法ハーブについて「みんながシンナー遊びをしていた時代もある」、エボラ出血熱騒動については「日本のマスコミが現地に取材へ行くべき」と持論を述べてネットでの炎上を招いた。女子中学生に、LINEで脅迫的なメッセージを送っていた山本景大阪府議を「キモい」と言い、本人からBPOに審議が申し立てられたことも記憶に新しい。

 番組降板理由についてテリーは、「65になってちょっと違うことをしてみたい」と語っていたが、「マスコミ関係者の間では、一連の問題発言を受けてのことだろうと言われていました」(同)という。にもかかわらず、わずか3カ月でのコメンテーター復帰は、それだけテレビ業界でテリーが重宝されているということだろう。

「テリーさんのコメントは、常に“逆張り”ですね。世間が学級会的で無難な意見に流されつつあるところに、極論をぶつけて場を引っ掻き回す。そのやり方で、真意を炙り出すこともある。その鋭さが魅力なのでしょう。当然、本人も確信犯です」(放送作家)

 確かに、米国人ナンパ講師の入国拒否騒動をめぐっては、講師への怒りに寄り添う意見が多い中で、「日本人もフィリピンへ行って女を買っている」「尻軽の女性もいる」と逆の意見を述べ、矢口真里の不倫騒動でも「夫であった中村昌也に甲斐性がないから男を連れ込まれる」と矢口擁護に回った。

「テリーさんは業界の裏方出身ゆえに、芸能人や芸能界を擁護するスタンスでも知られますね。それでいて、キャリアは制作会社出身で、有名大学からテレビ局というエリートコースではない。現場への理解がある叩き上げの人です。そのためスタッフの信頼も厚く、重宝されるのでしょう」(同)

 好き嫌いが分かれるものの、テリー伊藤のコメンテーターとしての能力を業界が重宝しているのは間違いないだろう。

国分、ぼんやりしてると乗っ取られるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー