ご愁傷さまでございます

AKB48・渡辺『戦う!書店ガール』、3.3%でワースト更新! 爆死続きで打ち切り決定

2015syotengirl.jpg
『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)公式サイトより

 AKB48・渡辺麻友と稲森いずみがW主演を務める『戦う!書店ガール』の7話が26日に放送され、視聴率は3.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回視聴率は6.2%で、今期ドラマ(午後8~10時台)ワースト視聴率でスタートした同作は、2話で6.4%、3話4.6%、以降は4.7%、5.0%と上下に変動を続けるも、6話でついに3.6%を記録。そして7話で自己最低を更新した。

 同作は、碧野圭原作の人気小説シリーズが原作で、渡辺と稲森はそれぞれ性格が真逆の書店店員を演じている。7話では、2人が勤務するペガサス書店の吉祥寺店が閉店の危機となり、売り上げが20%アップしたら閉店を撤回するという社長の言葉を元に、書店員たちが奮闘する姿が描かれた。亜紀(渡辺)と理子(稲森)、それぞれの恋愛に暗雲が立ち込める模様も見られたが、視聴率は振るわなかったようだ。

「もともとは全10話で企画されていた作品ですが、6月9日の9話で最終回を迎えることが明らかになりました。出演者の木下ほうかの公式ブログで、<『戦う!書店ガール』全10話>と告知されてるのが、より“打ち切り感”を増していて寂しいですね。また、放送作家の山名宏和がTwitterで『「戦う!書店ガール」、大変なことになってるなあ。』とつぶやいたことも、『一体なにがあったんだ?』とネット上で話題になっています」(芸能ライター)

 また、渡辺が昨夜のドラマ放送中に「“戦う!書店ガール”見てるなう!おもしろい!!!楽しい!!!! 」とTwitterに投稿したことも、世間の関心を集めている。

「ゴールデンタイムの初主演ドラマとあって、渡辺も必死にPRに励んでいるようですが、ネットでは『おもしろいのは視聴率だけ』『見てるけど残念ながらつまらないよ』『ついに視聴率2%台に突入かも』など酷評の嵐です。フジの火曜午後10時の枠は、歴代『GTO』『僕と彼女と彼女の生きる道』など人気ドラマを量産してきただけに、爆死で打ち切りとなった『書店ガール』は同局にとっても黒歴史扱いでしょう」(同)

 放送前には渡辺と稲森のW主演、ジャニーズ事務所のジュリー派閥といわれるHey!Say!JUMPとの共演解禁など、話題を呼んでいた同作。残すところ2話の放送となったが、視聴率はこのまま持ちこたえることができるだろうか。

10何年も同じ演技してる稲森の方が問題じゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決