本人は「ライトのせい」と弁解

「黒人なりきり写真」を公開したカイリー・ジェンナー、「文化の盗用」だと大炎上

kyliejenner-insta01.png
カイリー・ジェンナーのインスタグラムより

 私生活を追うリアリティ番組やセックステープでのし上がり、「最もウザいセレブ」に選ばれたこともあるキム・カーダシアン。彼女の異父妹カイリー・ジェンナーは、幼い頃からリアリティ番組のカメラとともに生活するという特殊な環境に身を置いてきた。ここ最近は抜群の存在感を放っており、17歳とは思えぬような大人っぽい化粧をしたり、露出度の高い服を着たり、セクシーなビキニ姿をインスタグラムに投稿したりと世間から注目されるように。同時に、「家庭環境がアレだから仕方ないのかもしれないけど、もう少し学生らしくあるべき」「正直、若い女子には悪影響」というバッシングも日に日に高まっている。

 人気ラッパー・タイガとの熱愛は、「未成年なのに25歳の男と付き合ってる。犯罪じゃん」「タイガの子を産んだ歌手のブラック・チャイナから略奪した」とバッシングされ、唇がぷっくりと膨れ上がったセクシー写真は「17歳で美容整形!?」と眉をひそめられ、高級住宅地カラバサスの270万ドル(約3億2,000万円)もする豪邸を購入した際にも、「勘違いを増長させるだけ」と叩かれた。もちろん、人気もありファンも多いのだが、一言多い“でしゃばり”な性格が災いし、アンチから四六時中攻撃を受けているのである。

 唇の整形疑惑が持たれたときは、「彼氏が黒人だから、黒人女性のようなぷっくり唇にしたのでは」という疑惑が浮上したのだが、この度、本人が「黒人のようなルックスになりたい」と発言。“黒人なりきり”写真をインスタグラムに投稿し、ネットで大炎上となっているのだ。

 カイリーは4日、2,000万人超のフォロワーを持つインスタグラムに、肌の色が濃い、黒人のような写真を投稿。同じタイミングでメイクアップ・アーティストのジョイス・ボネーリとヘア・スタイリストのクリス・ディランが、別のポーズで撮影された同様のカイリーの写真を投稿した。なにを目的に撮影されたものなのか不明なのだが、白い肌の彼女がここまでダークな肌色にしたのか、違和感を覚えた人は少なくなかったようだ。

 写真だけ見ると、単なるアートだと捉えることもできるのだが、そこはカイリー。無意識なのか計算なのか、アンチをムカッとさせるような言葉を書かずにはいられなかったようだ。問題の写真に、「ずっとこんなルックスでいたいわぁ」というメッセージを添えたのである。投稿直後から、「なにこれ!?」「黒い顔の写真をインスタグラムに投稿して“いつもこんなルックスだったらいいのに”ってキャプションをつけるなんて、カイリー・ジェンナーはどこまでアホなんだ」「最低」など、黒人になりきる彼女を非難するツイートがTwitterにあふれるように。

 カイリーは黒人を笑いものにしたわけでなく、「黒人のようなルックスだったらなって切実に願うわ」という意味の書き込みをしており、写真自体もオシャレで美しい仕上がりとなっている。それにもかかわらず大バッシングされているのは、「カイリーの写真を見てなにが問題なのかわからないみなさん、マジで文化について学ぶべき。文化の盗用っていうのは芸術じゃないのよ」という批判ツイートにあるように、多くの人が「文化の盗用」を問題視しているからだ。

若さと無知って怖いわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク