イケメンドラマ特捜部【年始特別編】

永山絢斗、野村周平、EXILE勢が躍進もジャニーズ低迷!2014年の若手イケメン俳優

 イケメン俳優の爆発的ブームも落ち着きを見せているが、毎クールのように新たな若手俳優が登場する状況は続いている。そこで、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)などドラマ評論で活躍するライター・成馬零一に、2014年に躍進した若手イケメン俳優ベスト5を選出してもらった。

soutahukushi.jpg
『Blue』(ワニブックス)

1位 永山絢斗
 瑛太の弟としても知られる永山絢斗は、『モザイクジャパン』(WOWOW)、『聖女』(NHK)、『ごめんね青春!』(TBS系)と、何より出演作に恵まれていた。どの役でも、女にモテたが故に人生がボロボロになっていくというヤリチンの悲哀を体現していて、これぞ、イケメン俳優という感じである。おそらく映画『ふがいない僕は空を見た』で主婦とのコスプレセックスにおぼれる高校生を演じたことがきっかけだろうが、こういう役のオファーが続くというのは実に幸福なことだ。

2位 福士蒼汰
 福士蒼汰は、かつての三浦春馬が体現していたような、中高生にとっての王子様枠にはまりつつある。『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でドラマ初主演を果たし、昨年の『あまちゃん』(NHK)で主人公のアキ(能年玲奈)のあこがれの先輩・種市浩一で全国的にブレークし、すでに一般的な知名度は確立していたが、イケメン俳優としてワン&オンリーの破壊力を見せたのはなんと言っても『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)での綾瀬はるか演じるOLの年下恋人・田之倉悠斗の一途な姿だろう。理想のイケメンを演じ、アラサー女性層のハートもガッチリつかんだ。女性の欲望に応えることに特化するあまり、本人の所在が感じられないのは少し気になるが、自分を出さずに王子様に徹することができるのもまた才能だろう。もうしばらくはこの、壁ドン王子様路線は続きそうだ。

3位 東出昌大
 杏との婚約が発表された東出昌大は、映画『桐島、部活やめるってよ』では、主演の神木隆之介に完全に食われてしまい損な役回りとなってしまったが、その後、着々とキャリアを積み重ね、杏の夫・西門悠太郎を演じた朝ドラ『ごちそうさん』(NHK)で大ブレーク。杏の父親・渡辺謙と共演した、オムニバスドラマ『おやじの背中』(TBS系)の山田太一脚本『よろしくな。息子』も素晴らしかった。とはいえ、イケメン俳優とするには、高身長と朴訥としたアルカイックスマイルは少し不気味なところもある。映画『寄生獣』では、そんな東出ののっぺりとした笑顔を生かし、イケメンと思ったら頭がパックリ割れて怪物になるという悪夢のようなシーンがあるが、これを東出は生き生きと演じていた。

4位 斎藤工
 斎藤工は『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で、上戸彩演じる主婦と不倫する生物教師役でブレーク。俳優としてのキャリアは長く、今までは脇役を演じることが多かったが、今後は主演クラスの役をゴールデンで演じることも増えていきそうだ。魅力はスーツの下に隠された色気のある野蛮なボディ。西島秀俊に続く、色気のある肉体派アクション俳優としても期待できる。

若手俳優“工作員”として裕翔が暗躍中

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク