夜の街のヤンチャもの

「パンツに手を突っ込まれた」山本裕典、エステ店でのハレンチ行為に関係者呆れ顔!?

2014yamamotoyusuke.jpg
『山本裕典 カレンダー 2014年』(ハゴロモ)

 一部週刊誌で報じられた、山下智久が都内スパで働いたという“性サービス強要”。拒否するセラピストに対して「あの俺だよ?」と言ったという勘違い発言が話題になったが(既報)、現在あるエステ店の関係者から、問題芸能人扱いされているのは、俳優の山本裕典だという。

 性風俗店とは違い、サービス内容はあくまでマッサージであることから、エステ店は男性客からすれば敷居も低く見えるというが、「中には“勘違い”されるお客さんもいますよ。とはいえ、女性従業員も相手によっては、規定以上のサービスをしてしまうこともあるようですが……」(元店舗従業員)

 現在山本が頻繁に訪れているというのが、都内の繁華街に数店舗を展開している某エステ店。従業員はミニスカートやセーラー服姿で施術を行い、その評判は芸能人の間でも口コミが広まっており、お忍びで訪れる者が後を絶たないのだという。

「元日本代表サッカー選手のOさんが、こういうタイプのお店の大ファンらしくて、『彼の紹介で』と来店する有名人の方は何人もいます。山本さんもその1人なのですが、彼はちょっとやりすぎ。次々と女の子を入れ替えて、『途中でパンツの中に手を突っ込まれた』という従業員までいるんです」(同)

 当然、同エステでこうした行為は厳禁で、HPにも「性的なサービスの強要、タッチはお断り」と注意書きがある。しかし密着をウリにしていることから、つい期待してしまう男性客も大勢いるのだという。

「『ハグ』といったサービスもあるし、指名ほしさにタッチを受け入れる従業員もいると思います。しかし一番問題なのは、『山本クンにすごいことされちゃった!』と、従業員が同僚や常連客に言いふらしてしまっていること。その場で起こったことは“神のみぞ知る”としても、顧客情報、さらにはNG行為まで暴露されたら、山本さんとしてもいい迷惑じゃないでしょうか」(同)

 こう聞くと、昨今話題の「JKリフレ」をほうふつとさせるが、「この店舗は18歳未満の雇用は全面NGだけに、利用しただけで違法ということはない。とはいえ同店の届け出はあくまで『エステ店』だけに、こうしたウワサが広まれば、いずれは警察のお世話になってしまうことでしょうが」(週刊誌記者)

 ある風俗店関係者の話では、「最近『夜遊びがひどい芸能人』と言われているのが、NEWS・手越祐也、UVERworld・TAKUYA∞、そしてこの山本じゃないでしょうか。パーティやクラブイベントなんかでは、必ず顔を見る3人です」(飲食店経営者)という。手越に関しては、その奔放ぶりが度々ニュースでも伝えられているだけに、山本もこうした“お遊び”には十分な注意が必要だろう。
(須田恭也)

山Pの「あの俺だよ?」の衝撃は超えられなかった

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに