当然の成り行き!

酒井法子、ASKA逮捕で仕事なし! 覚せい剤体験者インタビュー拒否で「テレビ需要なし」

norip2.jpg
ドサ回りの苦しみにこの号泣

 初公判が行われ、再びCHAGE and ASKA・ASKAの覚せい剤逮捕事件が、メディアで注目されている。そして芸能界で、一連の薬物問題に関する“余波”の影響を、モロに受けている人物が存在するのだという。2009年に同じく覚せい剤で逮捕された酒井法子、また今年3月に一部週刊誌に使用疑惑を報じられた清原和博だ。

「酒井は12年に執行猶予が解かれ、舞台で本格的に芸能界復帰となりました。しかし近年でもメディアに登場することはほぼ皆無で、週刊誌などでパチンコ営業の“ドサ回り”の日々が度々報じられています。CDリリース、映画出演とかつてのような活動こそ行っていますが、芸能界の薬物汚染がクローズアップされている現在、テレビ番組の出演はほぼ不可能に近いです」(週刊誌記者)

 現在酒井の主な収入は、月に数日程度のパチンコ営業。1日で3~4店舗を周り、ギャラは200~300万円程度と言われている。

「これは酒井の希望とはかけ離れたもので、本人としてはあくまで、歌手・タレントとしての活動を目指しています。その影響もあってか、一部では現在の所属事務所からの離脱もささやかれていました。しかし酒井は現在も、都内・下町のアパートで生活を余儀なくされるほど金銭的にあえいでいるそうで、メディアのように規制がかからない上、効率的に日銭を稼げるパチンコ営業から、脱却できないというんです」(同)

 またASKAが逮捕された直後には、ある情報番組から「覚せい剤逮捕の体験者として、酒井にインタビューが申し込まれたそうです。本人は当然『過去の過ちをぶり返されたくない』と拒否しましたが、結局はそのせいで、いまだにテレビ出演が果たせないというのが現状。ASKA逮捕によるメディアの“自粛ムード”は少なくとも年内は続くと見られているだけに、今後も酒井のドサ回りの日々が報じられることでしょう」(同)という。

 さらに、現状警察の厄介にはなっていないものの、まったくと言っていいほど姿を見なくなってしまったのが清原だ。「週刊文春」(文藝春秋)に“疑惑”が報じられた当初こそ、大きな影響はなかったとみられていたが「現在はテレビ各局の編成から『使用禁止令』が出ている状況で、CMからバラエティゲストなど、姿を見なくなってしまった」(芸能ライター)という。

「報道後、清原はシャブ抜きと報じられた入院を『糖尿病治療のため』と発表し、薬物の使用は完全に否定。しかし『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)でレギュラー扱いだったコーナー『男気ジャンケン 大人買いの旅』は、今年2月を最後に出演がなくなり、また当初はローラと共演していた『DMM.com証券』CMも、最近ではローラが1人で出演する過去の内容が放送されています」(同)

 ASKAに関しても、相方CHAGEから見限られたことやファンクラブ解散など、さまざまな報いが伝えられているが、その影響は、やはり芸能界全体へと降りかかってしまっているようだ。
(須田恭也)

抱えているものの黒さと肌の色が兼ね合っている稀有な男

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク