その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「拍手とか歓声もない」、Kis-My-Ft2が新曲発表におけるファンの反応に戸惑う!

kismyall02.jpg
でも一番ジャニヲタが戸惑うのは、突拍子もない和の演出だから!

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「POTATO」2014年9月号(学研パブリッシング)の表紙は、ファーストアルバム『go WEST よーいドン!』を8月6日に発売したばかりのジャニーズWEST。同作はオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、幸先のよいスタートを切りました。表紙ではいつものにぎやかな雰囲気ではなく、キッとカメラを見据え、クールな表情を見せています。

 インタビューページでは、メンバーが3組に分かれて「大人の夏セクシー」をテーマに男女別の色気や、セクシーだと感じる先輩などを語っています。小瀧望&重岡大毅ペアは、年相応の女性への憧れや期待にあふれた会話を繰り広げています。小瀧は、女性が食事している姿や濡れた髪の毛にセクシーさを感じるとわりとベタな展開なのですが、重岡は「オレが思うセクシーは、うまく男を転がしてるような女性。わざとスキを見せて『いいわよ』的な雰囲気で…」と妄想を膨らませています。なにが「いいわよ」なのか、いまいち具体的なイメージがつかめませんが、そんな読者のモヤモヤを代弁するかのように、小瀧が「そんな人、どこで見たん?」とツッコミ。重岡の答えは「ドラマ(笑)」とのことで、生々しい女性のエピソードが出ずに済んだことに安堵したファンも多いのでは?

 「男の色気」を感じる人物として、小瀧と重岡が名を挙げたのが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク