アメリカ人のコラが雑すぎ……

「枯れている姿もいい感じ!」、ハリソン・フォードにそっくりな犬が発見される

HarrisonFord-dog.jpg
どっちがハリソンか、わからないね!

 35歳の時に『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役をオーディションで獲得し、同作の世界的ヒットと共に大ブレイクしたハリウッド俳優のハリソン・フォード(72)。俳優としては遅咲きだったが、独特の哀愁溢れる雰囲気や男らしさがインテリなヒーロー役や正義の味方役にぴったりで、『インディ・ジョーンズ』シリーズや『刑事ジョン・ブック 目撃者』(1985)、『逃亡者』(93)、『エアフォース・ワン』(97)など数多くの大作映画で主役を演じてきた。

 ハリソンは、「少年のような茶目っ気」と「大人の男の色気」の両方を持つ恵まれた役者でもあり、出世作となった『スター・ウォーズ』では右の口角を上げるハンサムスマイルで世の女性たちをノックアウト。このスマイルは彼が無意識にしてしまうクセでもあり、若い頃は「ハンサム」だと騒がれ、年配になってからは「渋い」と幅広い年齢層の女性を虜にしてきた。そんなハリソンのチャームポイントといえる顔の特徴と雰囲気をバッチリとらえた犬が発見された。

 米ゴシップ芸能サイト「HollywoodGossip」によると、今月1日、スコットランド在住のTwitterユーザー「@IAmHellsBells」ことへリーが、「ハリソン・フォードに似た犬を見たい? もちろん見たいわよね。だってここはインターネットだから!」とツイート。1匹のゴールデン・レトリバーの写真を添付し、ネットユーザーたちの注目を集めた。ゴールデン・レトリバーは、行儀良くお座りをし、前をじっと見つめているのだが、右の口角を上げるハンサムスマイル、つぶらだけれど目力のある瞳、ぼさぼさなヘア、哀愁が漂う雰囲気と、なにもかもがハリソンにそっくり。首輪には赤いハートの名札らしきものが付いており、きれいにブラッシングされているものの、毛並みの状態から老犬だろうと推測される。この「いい感じに枯れている姿」も70歳を越えているハリソンに激似なのである。

 米版「2ちゃんねる」である人気掲示板「reddit」にはすぐに“ハリソンのそっくり犬”スレッドが立ち上げられ、「思ってたより似てた」「だらっとした感じがそっくり」「(毛だらけ=ヘアリーだから)ヘアリーソン・フォードだ!」など意見が飛び交った。『スター・ウォーズ』で銃を構えるハン・ソロを“そっくり犬”の顔に入れ替えたコラ画像も貼られ、これには多くのネットユーザーたちが「違和感なし」と納得。

 世界最大のバイラルメディア「BuzzFeed」も、ハリソンの代表作のキャラクターを“そっくり犬”の顔に入れ替えたコラを複数作成。強引に作ったものもあるが、見れば見るほどハリソンにそっくりで、なんとも不思議な気持ちになってくる。

 セレブに似ている動物がいるというウワサは、実はネット上でよく話題になるネタである。「毛が伸び放題のアルパカがテイラー・ロートナーに激似!」「ウィリアム・H・メイシーに雰囲気がそっくりの小型犬を発見!」「流し目をしているパリス・ヒルトンは、きりんに似ている」「オールバックにしたニコラス・ケイジは鷹にそっくり」とネットを騒がせたこともあり、第43代アメリカ大統領のジョージ・W・ブッシュは「スピーチで口をとがらせるところがチンパンジーそっくり!」と比較写真つきで話題となり世間を大喜びさせてきた。しかし、今回ほどセレブの特徴を押さえている動物はまれであり、“ハリソン・フォードそっくり犬”はとてもレアな存在だと感心する声が多数上がっている。

 一方、ハリソンは、6月に『スター・ウォーズ』シリーズ最新作の撮影現場事故で左足首を骨折してしまったが、順調に回復。7月末にはギブスはしているものの松葉杖などには頼らず自力で歩く姿がパパラッチされ、ファンをほっとさせたばかりだ。同作品は予定通り2015年12月18日に全米公開するとのことで、来年後半にはプロモーションや上映プレミアで、そっくり犬のようなハリソンの渋いセクシースマイルを見ることができるだろう。

ケガしたので、犬が代役になってるかもよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ムショ飯はうまいのか?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!