今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

芸能界復帰後、「和解」で食いつなぐヒロミのこれからの戦略とは?

hiromi_jiyujin.jpg
ヒロミオフィシャルブログより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ヒロミって大物だったっけ?
 このところ、過去にわだかまりがあったという人物と、次々とブログや番組内で「和解」しているヒロミ。それも「頭を下げる」という形ではなく、「オレもいろいろあったな」と、大物の回顧気取りで。あれ、「和解」の大物タレントたちは、皆もう「ヒロミごときにいつまでも腹立ててないから、いーよ別に」って合わせてやってるだけだと思うのだが。世間も恐ろしいほど興味持ないしな。ただヒロミが勝手に「和解芸人はじめました」の貼り紙を貼り出したに過ぎない。

 昔は尖ってたよなぁ、を匂わしながら画面に映るヒロミを見ていると、たとえ何を語っていようとも、「いろいろ商売やったけど、芸能人が一番儲かるのよ」という、ホサれていた頃グチって出たセリフが副音声で響いてくる。本当に、どんなヒロミを見ても感じられるのはそれ一点。和解が一巡したらもう需要ないから、昔自分に腹を立ててた有名人を常に探し回ってるのかも。あ、樫木裕実も、いずれそういうことに使うつもりか。これからも常に飯のタネとして、いざこざを作り続けていくのか。ヒロミの場合、努力して作らずとも、自然と生まれる性分であるが。ノートラブル、ノーライフ!

◎パチンコ妻への進言
 よく、アパレルのプロデュース業を兼業しているタレントが、自分のブランドの店のものを「私はネイビーを購入。黒と迷ったんだけど……。ベージュも気になるなぁ。もう全部欲しい!」なんてブログでつぶやいてるのを見かけるのだが。自分で作ったものを「購入」とは。全色手元に置いときゃいいですやん。ま、本当に手に取って、買って見せることがもうイメージ戦略というか、広告宣伝ってことなわけだから、わざとそうやってアピールしてるんだろうけど。商売繁盛!

 しかし、これがパチンコ業関係者になると、急にパチンコのパの字も出てこなくなるのである。伊藤美咲も神田うのも、セレブライフのおすそ分け気分だけで、財源の話にはノータッチ、アンタッチャブル。

 「週末は家族でディナーに出かけました」「梅雨に入りましたね。皆さまも気持ちよくお過ごしください」なんつう雲を掴むような話じゃなくて、もっと生業について積極的に語ってよ。

 「6月に入りました。各メーカーとも自信作をぶつけてくる、新台ラッシュのシーズンです♡さっそく私もCRの『女だらけの水泳大会 アイドルだらけで困っちゃうング!!!』を初打ちして来ましたよ。結果はオスイチ2,000円で1万2,000発。4万6,000円の勝ち~♪この台の醍醐味は、何といっても水中騎馬戦のバトル演出。チャレンジボーナスに挑戦してからのラッシュ突入にワクワク。紅組と白組、どちらか好きな方を選択できるのも楽しいです。お好みのアイドルがいる組を選んで、帽子を取ったり取られたり!派手さもお色気もピチピチで満点レベル! ラウンド中、子どもたちもプレイコーナーで楽しく遊んでいました。梅雨の季節は、雨がしのげて涼しいパチンコって、一石二鳥ですよね(はぁと) これからも皆さんと一緒にエンジョイさせて頂ければ幸いです」

 と、これくらい能動的になってほしいものだ。ま、別にアピールなんかせずとも、カモはネギ背負って毎日開店前に並んでるから問題ないのか。しかし、自分が何でおまんまを食っているのかには死んでも触れず、旨みだけ御開帳ってのもねぇ。職業に貴賤はない。もっと胸張ってアグレッシブに行こう!

◎お題:もし○○が『テラスハウス』に出たら
 『テラスハウス』(フジテレビ系)について「(自分が入るのは)耐えられない、絶対にイヤ」と感想を漏らしたSMAP・中居正広。まあそうだろう。これ聞いて、逆に中居を強引に加入させた『テラスハウス』ってどんな感じなのかな、と想像してしまった。想像ついでに「もしもこんなメンツの『テラスハウス』があったらぁ」の大喜利が浮かんだ。男は中居正広、キャイ~ン・ウド鈴木、坂上忍、蛭子能収、ドン小西。対して女性メンバーは、芹那、紫吹淳、Rev.fromDVL・橋本環奈、ハイヒール・モモコ、岡本夏生。既婚者も入ってるが。恋愛模様というよりも、キャラクター同士の化学反応重視ってことで。映画『おかしな二人』の大人数版。

 芹那にさっそく説教を始める坂上忍、「ダサい!」「そっちこそ!」と、服の話から大ゲンカになる紫吹淳とドン小西、意外とウマが合い、一緒にふざけては部屋を散らかすウドと岡本夏生、それらを無理やり仕切ろうと出しゃばるハイヒール・モモコ、我関せず、ひとりニヤニヤ晩酌している蛭子能収、ノイローゼ寸前になり、ヘッドホンで周囲との遮断を図る中居正広、隅っこで泣いている橋本環奈。我ながら、結構いいメンツだと思う。シーズン2も見たい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク