Hage田ゲス子セレクト「渡る世間は鬼女ばかり」

画材の盗難に、自己満足作品の押し付け……意外とトラブる、アートな人たち

画材の盗難に、自己満足作品の押し付け……意外とトラブる、アートな人たち

 木梨憲武、52歳、本名同じ。1994年に名古屋PARCOで初の個展『太陽ニコニカ展』を開催。それから20年たった今年は、上野の森美術館で『木梨憲武展×20years INSPIRATION―瞬間の好奇心』を開いています。5月20日からこの展覧会はスタートし、30日は本人がチケットのもぎりを行うサプライズも。絵画やオブジェが300点ほど展示されており、1日あたりの平均来場者数は、同美術館が過去に開催したツタンカーメン展、ピカソ展、ダリ展に続くとのこと。本人は「ツタンカーメンさん、ピカソさん、ダリさん、ノリさん。大巨匠と並んで光栄」とコメントしています。  妻は女優の安田成美、子どもは3人、本業のタレント業も順調。絵を描くタレントといえば、二科展入賞の経歴を持つ石坂浩二がいますが、彼は私生活はいろいろと危ういモノを感じます。また二科展常連の工藤静香も、仕事が順調なイメージがありません(ダメな印象もないですが)。芸術に傾倒する芸能人は、本業や私生活がうまくいってないからのめり込むのでは? という偏見がありましたが、一時期別居報道があったとはいえ、今回の展覧会も積極的に手伝ってくれた安田を妻に持つ木梨は、羨ましすぎます!...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

画材の盗難に、自己満足作品の押し付け……意外とトラブる、アートな人たちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 渡る世間は鬼女ばかりのニュースならサイゾーウーマンへ!