芸能界スピード離婚記録保持者!

「別居婚で恋人夫婦」「摂食障害やんだ」遠野なぎこ、スピード再婚に「確実に離婚」の声

nagikoblogg.jpg
遠野なぎこオフィシャルブログより

 「7股交際したことがある」とバラエティ番組で告白し、“ぶっちゃけキャラ”としてブレークした遠野なぎこが、再婚することを明かした。2009年5月に、2歳年下の会社員と交際半年で結婚したが、同年7月にスピード離婚。最近では「婚前契約書」まで作成した40代の彼氏と昨年末に破局したことが話題となったが、ネット上では今回の再婚に対し、「懲りないな」「どうせまたスピード離婚だろ」などと、祝福よりも辛辣な声が相次いでいる。

 幼少時から子役として活躍し、1999年放送のNHK連続テレビ小説『すずらん』でヒロインを演じるなど、清純派女優として知られていた遠野。近年は、テレビで奔放な異性関係を赤裸々に語り、3月6日付のブログでは、昨年末の破局から一転して新たな恋が始まったことを発表。お相手については「優しくて男らしくて、一緒に居るとすごく安心する方です!」と紹介していた。

 そんな遠野は、8日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演し、正式に結婚を報告。3月5日に共通の知人の紹介で知り合い、意気投合した2人は即交際をスタート。お相手の男性は元プロボクサーで現在はバーを経営しており、遠野より5個上の39歳だという。交際2カ月の記念日となる5月5日に入籍し、男性は初婚とのこと。一般人のため顔出しはNGだったが、番組では2人が仲良く婚姻届を提出している密着VTRもオンエアーされた。

「『ミヤネ屋』によると、遠野が結婚を決意した一番の決め手は、19年間にわたって苦しんでいた摂食障害が交際を始めてからピタッと止まり、彼といることで『安心してるんだ』と感じたことだとか。子どもについては『精神薬とかも飲んでるので、今すぐは無理』としながらも、夫もそういった遠野の複雑な事情を理解しているそうです」(芸能ライター)

 また遠野は、夫とは毎日会っているものの、10分ちょっとの家の距離で“別居婚”をしていると明かし、「恋人夫婦になりたい」と、結婚生活の目標を語っていた。

「前回、スピード離婚したことに触れて『もうあんな思いはしたくない』と涙ながらに語っていましたが、一般視聴者の反応は『もって1カ月』『確実に離婚する』などと、シビアです。別居婚というのに引っかかっているネットユーザーもおり、『相手の嫌なところは見たくないけど、入籍の喜びだけ感じたいってこと?』『男を安定剤代わりにしているようじゃ、一緒に暮らすのはムリ』などと、遠野の精神面を危惧する声も。ほかにも、スピード離婚記録を『更新してほしい』というコメントや、また離婚を繰り返してトーク番組に出てくるんだろうと予想する声も上がっています」(同)

 番組では「すっごい幸せです!」と、今までにない笑顔で幸せそうな表情を見せていた遠野。ひとまず彼女の幸せを祝福したい。

なぎこのノンストップぶりにはキアヌもびっくり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー