Hage田ゲス子セレクト「渡る世間は鬼女ばかり」

志茂田景樹の金庫に6,000円は正しい!? タンス貯金を守る、奥の手とは……

kinko.jpg
金庫に入れる分も、おとりに使う分もない……

――玉石混交のネットの海で、下衆なエピソードだけを収集・観察する奇跡のヲチャーHagex。彼がセレクトした、某橋田壽賀子ドラマよろしく、読むとゲッソリする……いや人生のトラブルシューティングとしてためになるエピソードを紹介。

 1月29日、作家・志茂田景樹の事務所に泥棒が入り、現金が盗まれるという事件がありました。事務所が入っているビルは外壁工事中で、その足場を使って4階にある事務所の窓から侵入したようです。被害額はなんと6,000円! 事務所にある金庫がこじ開けられて、中にあった6,000円が盗られたようです。志茂田景樹は事件について取材を受けて、以下のようにコメントしています。

「別に言いたいことないですよ。6,000円ぐらいじゃ、しょうがないだろう。一杯飲んじゃ終わりだろうと。それであんな危険まで冒して忍び込んで割に合うのかよ。更生しろよ。真人間になった方がずっと得だぞ。警察につかまる前に真人間になっちゃえばいいじゃないか。なれよ!」

 窃盗罪は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金。おそらくほかの部屋にも侵入しているんでしょうけど、6,000円では割合に合いませんよね。

 2ちゃんねるには窃盗に関するエピソードはたくさんあり、特に窃盗常習のママは「泥ママ」という名前で呼ばれ、泥ママ被害に遭った話は多数投稿されています。今回は泥ママ+金庫という要素がある話を紹介します。話を探し始めた時は、「泥ママ+金庫というキーワードでヒットするのか」と心配しましたが、まったくの杞憂に終わりました。

<他人の金庫を目の前でいじる心根>
【セコキチママ】発見!キチガイママ その21【泥キチママ】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1329233803/

 家を新築し、ご近所さんがお祝いを持って投稿者宅に集まってきました。しかし、その中には常識がないことで知られるAさんの姿も。呼ぶつもりはなかったのですが、勝手についてきたようです。家に上がるなり、興奮するAさん。勝手に各部屋をチェックしようとします。姑・舅の部屋は阻止しましたが、小姑の部屋に侵入。投稿者が怒ると、「別に○○ちゃん(小姑)がいないんだから、入ってもわからないでしょ?」と発言して一同びっくり。

 納戸は荷物が少なかったので入ることを許可すると、Aさんの「なにこれ、すごーい!」と嬌声が聞こえました。何事かと思って見ると、設置してある金庫の電子ロックをポチポチ押しているAさんの姿がありました。やめさせようとしたら、電子音が鳴りLEDが点灯。この金庫は3回パスワードを間違えるとロックがかかる仕様になっており、Aさんが適当なパスワードを入力したため、ロックされた合図でした。

 しかしAさんは「金庫が開いたでしょ! 中を見せなさい!!」と大騒ぎ。騒ぎを聞きつけた投稿者の義兄がやってきて、「人の家で金庫をいじるなんて非常識だ。我が家と関わるな!」と一喝し、Aさんを自宅から放り出しました。お祝いに来ていたママ友たちも「投稿者さんだけ、Aさんと縁切りをしてずるい」と言ってきたので、義兄は「みんな、今から縁切り宣言をしていけば?」とアドバイスし、その場にいる人たちはAさんに縁切りをしていったのでした。

<窃盗したのに、慰謝料をよこせ!?>
【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ92【万引】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1263647387/

 会社の朝礼で、所長が「昨日、鍵を使う際に束をばらまいてしまい、拾い集めたが、貴重品や現金を保管している収納棚の鍵をなくしてしまった。誰か見つけたら教えてほしい」と話をしました。その後、個別にスタッフを呼び出し、「マスターキーは本社が保管しており、もし鍵が出てこなかったらそれを使う。しかし本社に知られたくないので、もしキーを見つけた人は個人的に謝礼をするので教えてほしい」と言ってきました。昼休みに、パートのAママが「鍵がありました」と所長にキーを持って行きます。

羽野晶紀、慰めに行ってあげて!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

志茂田景樹の金庫に6,000円は正しい!? タンス貯金を守る、奥の手とは……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 渡る世間は鬼女ばかりのニュースならサイゾーウーマンへ!