[女性誌速攻レビュー]「日経ウーマン」2月号

「日経ウーマン」が、苦手分野「結婚できない」問題に、全力で珍回答!

nikkeiwoman201402.jpg
「日経ウーマン」2014年2月号/日経BP社

 カフェ開業スクール代表、時間管理コンサルタント、図解化コンサルタント、ライフスタイル研究家、女子力コンサルタントなど、聞いたこともない職業の人々が次々登場し、ありがたいアドバイスを授けてくれる「日経ウーマン」2月号(日経BP社)。「開運習慣、はじめよう」に登場する「女子力アップ&婚活&イメージコンサルタント」の澤口さんは、運やチャンスをつかむために「毎日何かしら初体験をすることを意識しています。初めてのお店に行ったり、色々な会に参加したり…そうすると、行動や付き合いの幅が自然と広がっていきます」とのこと。よーし、2014年は、女子力アップとチャンスゲットを目指して、毎日「すごーい、こんなの初めて☆」とか言って、いい旅処女気分で過ごしましょう!  というわけで本年もよろしくお願いいたします!

<トピック>
◎自分至上最高の年にする!朝と夜の新習慣
◎開運習慣、はじめよう
◎いつも余裕がある人のメリハリ仕事術

■謎の谷崎潤一郎オタク登場

 まずは、「自分至上最高の年にする!朝と夜の新習慣」の特集を見ていきましょう。先月号では、「100万円貯めればカフェが開ける」と豪語していた「日経ウーマン」ですが、今月の「みんなの夢のかなえ方、教えます」というコーナーでは、カフェを開くという「夢のお値段」は「約300万円~(物件や出店エリアなどよって大きく異なる)」となっていて衝撃を受けました。年末に見せてくれた夢の売値を、年明けに3倍以上に釣り上げてくるとは……。世知辛いですね。

 さらには、早起きを実践している読者の生活が紹介された後に、「『早起きは三文の徳』を編集部員が検証!」というコーナーが。5日間朝5時半起きをした編集部員の「カフェの朝食セット。普通に買うより220円割安」「猛烈な眠気に襲われコンビニで350円のドリンク剤を購入。トクしたのかソンしたのか…」等々、早起きにまつわる財布事情が逐一報告されます。挙げ句、「早起きは時間的なトクが大きかった!」というのを結論にしていますが、だったら小銭をトクしたりソンした話はどうでもいいだろうと思いました。読んでも一文の徳にもならないコーナーでしたね。

こじらせの言葉をどう曲解してくるか見もの!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「日経ウーマン」が、苦手分野「結婚できない」問題に、全力で珍回答!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビュー日経ウーマンのニュースならサイゾーウーマンへ!