[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・相葉雅紀からHey!Say!JUMPへ、バーモントカレーCMにひと悶着?

jump-okada.jpg
ジュリー、絶賛売りだしてます!

 今年からジャニーズグループ・Hey!Say!JUMPがCMキャラクターを務めている、ハウス食品のバーモントカレー。2009年から同CMに出演してきた嵐・相葉雅紀からのバトンタッチだったが、関係者によると思わぬ“変化”が発生しているという。

「というのも、相葉がCMに出演していた時期に比べて、バーモントカレー販売数が明らかに落ちてしまっているというんです。同CMは西城秀樹や東山紀之、TOKIO・長瀬智也など、時代を象徴する男性アイドルがキャラクターを務めていました。現在、ジャニーズの中でも売り出し中のHey!Say!JUMPですが、やはり異常ともいえる嵐人気の後釜は、少々荷が重かったのかもしれません」(広告代理店関係者)

 相葉出演時はハウス食品購入者に嵐限定ライブの抽選券が、Hey!Say!JUMP出演時はバーモントカレー各種購入者にランチパーティーの抽選券が、それぞれ特典として付属していたが「嵐ファンは、スーパーなどの売り場にあるハウス食品をすべて買い占めるなど、それはそれはすさまじい騒ぎとなりました。その影響力は、経済新聞に掲載されたほどで、同社広報が『同社商品の売上げに寄与』とコメントまで出していました。ファンの間では『相葉くんがCMに出ている間は、我が家のカレーはずっとバーモントカレーでした』『また相葉くんのCMを流してほしい』という声が今でも上がっています。もちろん、Hey!Say!JUMPの時も買い占めに走るファンはいたようですが、嵐ファンよりは勢いはなかったかも」(ジャニーズに詳しいライター)という。

「正直な話、ハウス食品側がCMキャラクターを相葉に戻したいと考えるのは当然かもしれませんが、ジャニーズ側は頑として譲らず。“ジュリー案件”になったものの、イマイチ伸び悩んでいるHey!Say!JUMPだけに、メンバー全員の顔を売ることができるCM出演は、外せないところなのでしょうね」(前出・関係者)

 デビュー以来、ジャニー喜多川社長が担当してきたといわれるHey!Say!JUMPだったが、今年に入ってからは藤島ジュリー景子氏の派閥入りしたことが伝えられている。

「ジュリー氏は嵐も担当していることから、CMの後釜にHey!Say!JUMPに差し込むことは容易だったはず。売り上げやハウス食品との付き合いを考慮すれば、今後また相葉やほかの嵐メンバーに出演者を変更させた方がいいのでしょうが、Hey!Say!JUMPの今後を考えるとそれは考えにくい。しばらくはHey!Say!JUMP続投でいくことでしょう」(前出・ライター)

 数多くの若手グループの育成に勤しむジャニーズだが、やはり嵐の壁を超えるグループの登場は、まだまだ先のことかもしれない。

どのグループも、みんな違ってみんないいだよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー