お盛ん俳優

秋の月9主演とうわさの松田翔太、若い子から熟女までお盛んな女遊び

matsudasyota_dvd.jpg
『名探偵の掟 DVD‐BOX』/ワーナー・
ホーム・ビデオ

 7月から放送予定のフジテレビ系月9ドラマの主演に山下智久が内定と伝えられているが、次期10月クールの主演には、松田翔太が内定したという。現在放送中の福山雅治主演『ガリレオ』が高視聴率を連発しているが、「視聴率に左右される芸能活動をしていない」(芸能プロ関係者)といわれる松田の活躍はいかに――。

「デビューから数年ほどは、『あの松田優作の次男』という印象の方が強かったですが、今やテレビ局や映画監督などに欲しがられる俳優として業界内でも人気を集めています。しかし月9に関しては、『低視聴率=失格』と評価されやすい枠で、低視聴率だとその後のギャラが下がるといったこともありえます。これまで彼が主に活動してきたフィールドとは、まったくの別物です」(同)

 松田は現在放送中の『潜入探偵トカゲ』(TBS系)で主演を務めているが、視聴率は9~10%と好調とはいえず。今期の同時間帯ドラマでは、最下位争いを繰り広げている状況だ。「CMなどを見ても、松田は決して『いい人キャラ』で売っているわけではなさそうだし、あまり視聴率を気にしていないのでしょうね。ただ特に最近は露出も増えているので、身体的、精神的にも疲れ切ってしまわないかが心配ですね」(同)

 また、あまり世間には知られていない松田のプライベートには、少々気になるこんな証言も。

「父である故・松田優作は、兄で俳優の松田龍平以上に翔太のことを可愛がっていたと思います。小さい頃から2人で連れ添って外食していたし、兄の龍平より翔太の方が明らかにお父さんっ子でしたね。そんなことから、根は真面目で小心者だった父の性格を翔太も引き継いでいるのでは……といわれていたのですが、意外にも遊びが行きすぎる一面もあるようです」(週刊誌記者)

 松田の交際相手といえば、2010年に「女性セブン」(小学館)で報じられた、黒田エイミとの家族ぐるみの交際が有名だろう。また今年2月には「フライデー」(講談社)で、忽那汐里との熱愛も報道されている。

「しかし黒田との同棲時代から、都内の行きつけのバーで1人で飲んでいる女性客に片っ端から声を掛けて、連れ出そうとしていました。相手がモデル風の若い子でも、自分の年令の倍近い熟女でも、お構いなし。あまりのチャラさに、常連客から『あまり父親には似なかったのかもね』と苦笑されていたそうです」(同)

 こうした夜のエピソードには事欠かないという松田だが、「役者としての活動にはブレがない」(前出の関係者)と評判は高い。視聴率主義の月9枠でどんな活躍をするのか、今から楽しみに待ちたい。

翔太はどう考えても母似

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー