今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

君島十和子の私物に「コレ知ってるぅ」神田うのに絡まれた哀れな人々

20080328_kandauno.jpg
しゃしゃってくる女・神田うの

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎弟だけでなく相方まで……
 『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、君島十和子の密着特集をやっていた。「私物大公開!」と謳いながらも、バッグの中から出てくるのは、自分とこでプロデュースした化粧品ばっか。出かける時は冬でもこのカッコです、つって紹介した日傘、UV防止手袋、サングラスまで全部自社製品。自社製品以外は全部エルメス。つまんねー私物公開。しかし、そのVTRを見てる間、ワイプに映ってる神田うのは、なかなか見ごたえがあった。「プロデュース業」「金持ち」「美に一家言あり」と、いろんなところがカブっているせいか、対抗心むき出しで「あ、コレ知ってるぅ」「ココあれよあれ~」「そうそう、そうなの」「うのもねぇ」と、ろくにVTRにも付き合わず、ずーっとワイプ内で私語しゃべりっぱなし。

 最近、弟が注目浴びたせいで、セットでテレビ出演してるのをよく見かけるが。あれ、1ミリも弟のためになってないよなぁ。だからといって「神田うのの弟」ってことを乗り越えてまで、彼を応援するほどの暖まった空気も生まれてないし。相方も、出るたび「神田うの一家が、いかに非常識か」という話を披露するしか役割ないし。で、またこの弟が、金持ちキャラで行くのか貧乏キャラで行くのか、どっちつかずの中途半端なのがねぇ。

 カラむ者すべてをヤケドさせる、神田うののこの負の力。弟だけでなく、制作側も視聴者も、本人以外、誰も得してない。本当に、誰が見たいんだコイツを。シンプルに言おう。「出すな」。

◎女芸人のとばっちり芸
 何だかんだいって、女芸人ってテレビだとまだまだ「添え物」扱いだ。「デブ」「ブス」「モテない」等の記号を背負い、わかりやすい意味合いで配置されていることが多い。しかし、たまに関西の番組などで、女芸人がフリートークしているのを見かけると、「マツコ有吉」的なものとはまた違う、女独特の毒のとばっちりが味わえる。若い女、無理している女、男ウケのいい女……。女の女に対するあれやこれや。餅は餅屋。女の悪口言わせたら、やはり女に勝るものはないのである。女芸人って、テレビで見るより、集まって飲み会なんかで好き勝手言ってるところが一番面白いんだろうなぁ。

 フジの深夜番組『10匹のコブタちゃん~ヤセガマンしないTV~』は、女芸人たちが集まり毒会話する様子を流すという、最も「飲み会」に近いシチュエーションが再現されている番組だ。丸岡いずみの結婚式や、カリスマ女性料理ブロガーたちのメンタリティなどについて、ゲラゲラ笑って好き勝手言いたい放題。まあ、今のところ、中心メンツは森三中や渡辺直美など、いかにもキー局放送らしい、決して限度を超えない面々なのだが。友近やアジアン・馬場園梓などの「ボスキャラ」が喋っているバージョンが見たい。できれば関西のテレビ局で。

◎「エンタ芸人」じゃないじゃん!
 『1番ソングSHOW 「日テレが生んだ名番組&名曲大連発SP」』(日本テレビ系)……。テレビ制作側の「昔に戻りてぇ~!!」という、血の叫びが聞こえるような番組づくりであったな。それはともかく、「数々の芸人たちのネタ見せで、伝説となった番組です!」つって『エンタの神様』(同)を紹介した際、次長課長と長井秀和のネタを見せてたのは何だろう。ほかにもあの番組から生まれたギャグムーブメントっていっぱいあったのに。「一発屋を笑う」というよくある回顧とも違うこのベクトル。「今、何してんだろう……」しか喚起させない、「故人を偲ぶ」に近い悪意のあるチョイスと映し方。ま、ちょっと面白かったからいいけど。……今、何してんだろう。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク