[スター☆マル秘報告書]

『レ・ミゼラブル』チームの来日オフは、全員で「すきやばし次郎」を堪能

――海外セレブの来日プロモーション。本国ではパパラッチに追われる彼らも、日本では束の間の自由を謳歌! しかしそれゆえ、日本滞在をお世話するスタッフたちの苦労は多いんだとか。セレブの素の姿を知る関係者から話を聞き出し、コッソリお伝えする「スター☆マル秘報告書」!

hue01.jpg

 日本で現在大ヒット中のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』。先日、見事ゴールデン・グローブ賞を受賞(ミュージカル・コメディ部門)しましたね。公開前から「映画賞レースで勝つ映画」と言われていましたが、やはり。なにしろ、『レ・ミゼラブル』チームの結束力は凄かった。それは昨年、主演のヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、トム・フーパー監督が来日した時にヒシと感じました。

 ヒューはプレミアイベントで「スバラシイ!」を連発して会場を盛り上げ、アン・ハサウェイの評判もスタッフ間で上々。通訳さんは「本当にいい子なの」と言い、何よりイベントでファンに握手やサインを最後までしていたのは彼女でした。「全員にするつもりでは……」と思うくらい、熱心にしていました。ハリウッドでもトップクラスの女優なのに、それこそ「スバラシイ!」姿です。

 そんな『レ・ミゼ』チームの結束力の強さは、来日中ずーっと見受けられました。キャストは本当に仲が良く、ホテルの廊下などで会うと必ずハグ。そのほかの場面でも、何かというとハグをして、日本側スタッフはその光景を見て、「本当に仲良しだな~」と感心していたとか。さらには、全員で寿司を食べに行ったそうです。お店は、ヒューお気に入りの「すきやばし次郎」。一般的には、敷居の高いお店ですが、アメリカでは「すきやばし次郎」のドキュメンタリー『二郎は鮨の夢を見る』(2月2日公開)がヒットするほど有名な寿司屋。これからは「すきやばし次郎」が「キデイランド」みたいに定番になるかも?

 ヒューはこの来日後、皇太子殿下を迎えるチャリティ試写会のためにトム・フーパー監督と製作のキャメロン・マッキントッシュと共に、急きょ再来日をしています。ヒューは皇太子殿下に日本語を褒められたそうです。もしかして、「スバラシイ!」を連発したのでしょうか? 皇太子殿下を迎える試写会のこと、厳戒態勢で大変だったのかと思いきや、スタッフは「普段のイベントよりも穏やかでした。代表カメラの方だけですし、すごくスムーズでしたよ」とのこと。なるほど、通常の取材はスチールとムービーでカメラマンが200人や300人も入り、ヤンヤヤンヤとなりますからね。ヒューはともかく、皇太子殿下をそんな大騒ぎの中にお連れするわけにはいきません。

 『レ・ミゼラブル』はアカデミー賞作品賞の候補にもなっており、ヒューは主演男優賞候補、アンは助演女優賞候補です。できれば受賞をして、今度はオスカー俳優として来日してほしいですね。ちなみにヒューの次の来日は、日本で撮影したとうわさの『ウルヴァリン:SAMURAI』の時かな。

斎藤 香(さいとう・かおり)
映画好きが高じて、映画誌編集者を経てフリーランスライターに。ハリウッドセレブや韓流スターの来日現場でマル秘ネタを連日情報収集。All aboutの映画ガイド担当。

松岡修造のCMにもナイスキャスティング賞あげたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク