今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

マツコ・デラックスが引き出した、細木数子往年の●●力

hosokikazuko_25.jpg
『細木数子の「六星占術」あなたの運
命開運の箱 平成25年版』/ベストセラ
ーズ

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎『有マツ』といえば……
 『有田とマツコと男と女』(TBS系)。まあ先に始まったのはこっちだし、事務所がらみのこともあるんだろうけれど。番組名略して『有マツ』だと。『有マツ』って聞いたら、真っ先に思い浮かぶのはこっちじゃなくて『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)の方だと思うのだが。この略称には「自称」ってヤツの恥ずかしさが濃縮されてるな。言ったもん負け。

◎細木数子、マツコをベタ褒め!
 で、このスペシャルに久々登場していた細木数子。自分をちょうどいい感じに持ち上げてくれるマツコ・デラックスを、いたく気に入ったようで、手放しでベタ褒め。こういう、自分にとって得な人間を素早く見つけて「褒めてあげる」ところに、往年のハッタリ力の片鱗が感じられるが。座っていたのがマツコの隣だったこともあって、もう「昔は偉かった小さいお婆さん」にしか見えない。スタジオに来ていた細木ファミリーを、「これ、養女」「これ、養女の子ども。孫」って、何かややこしそうな続柄に加えて、それぞれの顔と「ダイキ」「14歳」って名前や年齢までバッチリ出しちゃってた。大丈夫か。何か……この家族、あとあと絶対揉めるの決定。

◎「ごくつぶし」が勢揃い
 有名人や大スターたちの子孫が登場し、その知られざる素顔にスポットを当てる『もてもてナインティナイン』(TBS系)の「御曹司&ご令嬢シリーズ」。正月特番は「銀幕スター」特集であった。勝新太郎、萬屋錦之介、黒澤明などなど、そうそうたる有名人の血を引く人物が出ていたのだが。本当にこの番組に出てくるのって、「ごくつぶし」感がすごい。全員パターンは違えど、何かが過剰で、何かが足りない。見たことないのに、皆肩書が「役者」だし。ま、勝新の息子の鴈龍とか、やることないからって、今さらコンビニでバイトするわけにもいかないしな。タクシーの運転手として立派に稼ぐ志茂田景樹の息子はエラい。

 それはさておき、こんなメンツの中、よく藤山直美は出てくれたもんだ。エピソードも、藤山寛美のが一番面白かったし、出演芸人も一番傾聴してたように見える。「イメージ固定を避けるため、ギャラが良くてもCMには出ない」「プライベートは売らない」「努力してるところを人に見せない」「もらった金は人様のものだから世に還元する」……。そりゃ、今の芸人は傾聴するしかないだろう。たるみきった芸人の心根を引き締めるため、今回彼女だけ、吉本が破格のギャラを出して呼んだのかもしれん。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!