今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「百獣の王を目指す男」武井壮をつまらなくした、フジテレビのエゴイズム

takeisou.jpg
『武井壮の目指せ!!百獣の王 ~人間
VS動物のシミュレーションバトル 実践
編~』/ワニブックス

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ブレイクを待てなかったフジ
 「百獣の王を目指す男」武井壮。ま、フジテレビの『うもれびと』で見た時は、確かに、「猛獣との肉弾戦を本気でイメージ」という、独特の筋肉バカっぷりが面白かったが。あれを見た人は皆「こいつはブレイクするかも」と予感したと思う。しかし、今のところ「あの話題の武井壮が出演!」とウキウキ彼を出してるのは、フジテレビだけ。ちゃんと待てばいいものを、ブレイク前に『笑っていいとも!』のレギュラーに据えたりして、あまりに囲い込みが過ぎるもんで、他局は知らんぷり。先日も『SMAP×SMAP』の生放送で、SMAPに罰ゲームを与える役で出演したのに、力不足で自分が罰ゲーム、という、期待外れの展開になっていたが、あれは「何コイツ、つまんね」の感を強くしたと思う。

 武井壮に注目すればするほど、フジにみすみす手柄を与えるようで、腹の底からブレイクを祈れない。過ぎるエゴのせいで、芸人生命は風前の灯に。フジテレビのエゴが今、人をひとり殺しかけている。

◎CMで小雪が不審者に
 「明日プレゼンなのに、カゼの、ばかー」か。何か、あの小雪は、明日プレゼンがあるような、重要な仕事を任されている人間には、とても見えないのであるが。夕暮れの屋外で、空に向かって、腹に力の入ってない声でカゼを罵る。町で見かけたら、「あの人見ちゃいけません!」って子どもに言うレベルのエマージェンシーサイン。一応CMの設定としては「代弁」で、小雪がカゼひいてるわけではなく、カゼに苦しむ人の代わりに叫んでるらしいが。そんなこと代わりに叫ばれても。それも小雪に。あれ見て、あのカゼ薬買いたくなる人っているんだろうか。何か、最近まれにみる「ヘタなCM」である。

◎化粧で女は変わるもの
 レスリングの吉田沙保里。祝・国民栄誉賞。園遊会に着物姿で招かれていたのを見たが、吉田沙保里って、化粧するとロンブーの淳に似てるんである。だが、化粧してないとそんなに似てない。不思議。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク