我が強いメンバーが勢ぞろい

イーストウッド、ウィリス、シュワルツェネッガー……今注目のセレブファミリー

FrancescaEastwood.jpg
フランチェスカ・フィッシャー=イーストウッドでございます

 今年春、4,000万ドル(約31億円)という破格のギャラでリアリティ番組の3年契約更新を果たしたカーダシアンファミリー。キム・カーダシアンが「最もムカつくセレブ」に選ばれるなど、全米からウザがられているものの、浮世離れしているセレブリティ・ファミリーの日常は誰もが気になるようで、嫌われているわりには高い視聴率を獲得し続けている。

 オズボーンファミリー、ホーガンファミリーなど、セレブの日常をのぞき見るリアリティ番組は、そのほとんどがヒットする。なんだかんだ言いながらも、視聴者はセレブファミリーが大好きなのだ。今回はその中から、今注目のセレブファミリーを紹介したい。

コッポラ&シュワルツマンファミリー

 映画界のロイヤル・ファミリー的存在であるコッポラ&シュワルツマンファミリー。一族のドンは、『ゴッドファーザー』をはじめ歴史に残る名作を手掛けたフランシス・フォード・コッポラ監督。フランシスの愛娘ソフィア・コッポラは子役として『ゴッドファーザー』に出演した経験を持ち、父と同じ監督の道へ進み、『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』などの話題作を手掛けた。息子のロマン・コッポラも、監督・脚本家として活躍。ロマンは、フランシスの妹である女優のタリア・シャイアの息子。脚本家兼俳優のジェイソン・シュワルツマンと共に『ダージリン急行』を手掛けたこともある。

 フランシスの兄オーガスト・コッポラの息子ニコラス・キム・コッポラのことも忘れてはならない。一族の知名度やコネに頼りたくなかった彼は、「ニコラス・ケイジ」という芸名で俳優活動をし大成功を収めたのである。ちなみにニコラスの一番上の兄マーク・コッポラはラジオDJ、2番目の兄クリストファーも監督として活動する業界人。ニコラスの長男ウェストンはメタルバンドのリードシンガーで、昨年、結婚、DV騒動、奇行などスキャンダルがテンコ盛り状態でタブロイドを賑わせた。

カーターファミリー

 90年代に一世を風靡したバックストリート・ボーイズのニック・カーター。サラサラなブロンドヘアーのイケメンとして世界的な人気を博した彼は、人気絶頂の頃のパリス・ヒルトンと交際するなど、世間の注目を集めてきた。そんな彼には歌手の妹レスリーと弟アーロン、モデルの妹エンジェルがおり、芸能活動をしていないもう1人の妹を含む兄弟5人全員でリアリティ番組『House of Carters』(2006)に出演。美形揃いの兄弟が共同生活を送る姿を追ったこの番組は、派手な兄弟ゲンカや暴露話が楽しめると人気を集めた。

 番組終了後もニックとアーロンは何かとタブロイドを賑わせることが多かった。ニックは2011年にリリースしたアルバムがヒット。かつてリンジー・ローハンとヒラリー・ダフを二股にかけ2人の友情を引き裂いたことがあるプレイボーイのアーロンは、08年にスピード違反で止められた際、マリファナを所持しているのが見つかり逮捕。11年には精神的な理由でリハビリ施設に入院したが、退院後の11月にはオフブロードウェイで主役を務め、現在に至るまで俳優・歌手として地道な活動を続けている。

 今年1月にはレスリーが25歳の若さで急逝。ニックは葬儀に招かれないどころか、その死も知らされておらず、身内の不仲が世間に知られてしまった。

イーストウッドファミリー

 今年5月、恋人で芸術家のタイラー・シールズの「800万円のバーキンを破壊し燃やした芸術写真」に登場したことで非難を浴び、一躍有名になったフランチェスカ・フィッシャー=イーストウッド。彼女の父親は、ハリウッドを代表する大御所クリント・イーストウッドであり、この騒動と同時期にイーストウッド一家の日常を追ったリアリティ番組の放送がスタートしたことから、注目されるようになった。

 番組はクリントの現妻ディナが年頃の娘たちの育児に四苦八苦する姿を中心に描く作品。テレビニュースのアンカーだったディナはクリントへのインタビューを行った時に恋に落ち結婚。15歳になる娘モーガンと、19歳になるクリントの連れ子フランチェスカを育てている。また、クリントが手掛けた『インビクタス/負けざる者たち』の撮影で知った、南アフリカ・ヨハネスブルグ出身のアカペラ・ボーイズバンド「オーバートーン」にほれ込み、マネジャーに就任。彼らにとっても母親的存在であり、世話焼きぶりを発揮している。

 セレブっぽくない生活をしてきたという触れ込みだった高校生のモーガンは、番組で「みんなパパがクリント・イーストウッドだって知ってる。私が普通でみんなと同じでいることは、とっても難しいことなの!」と号泣。自由気ままなフランチェスカはタイラーとラブラブで、先日、「クラブで誕生日を祝ってたら、リンジー・ローハンがやってきて、『フランチェスカをつまみ出して! スターは私、私なのよ!』とヒステリーを起こされた」と発言。勘違いスターぶりは、パリス・ヒルトンやキム・カーダシアンにも通じるところがあるとして、ジワジワと人気が上がっている。

ウィリスファミリー

 その昔、ハリウッド1のパワフル・カップルと呼ばれたブルース・ウィリスとデミ・ムーア。1987年~00年までおしどり夫婦であった2人には3人の個性的な娘がおり、それぞれに個性的な名前を付けている。

 24歳になる長女ルーマはイギリス人作家ルーマー・ゴッデンから名付けたのだが、当時は「セレブが好みそうな珍しい名前」だと言われた。そんな彼女は幼い頃はキリッとした顔立ちが聡明っぽいと評判だったのだが、成長すると輪郭が父親そっくりのため微妙だと言われるように。女優として活動しているが鳴かず飛ばずで、精神的に不安定な母デミを支えるしっかりした娘として認知されることが多い。

 デミが妊婦ヌードを披露した際におなかの中にいた21歳の次女スカウトは、小説『アラバマ物語』の登場人物から名付けたのだが、知らない人は「業界にスカウトされる」という意味のスカウトにかけているのかと思ってしまう。彼女もまた父親そっくりな輪郭でルーマに似ているのだが、髪はブロンドに染め、名門ブラウン大学に入学した努力者。今年1月にはハウスミュージックのプロデューサー、ニコラス・ジャーのアルバムに歌手として登場。美声だと話題になったが、まだ20歳だった6月に未成年なのに飲酒したとして逮捕され、イメージダウンした。

 三女のタルーラは往年の大女優タルラー・バンクヘッドから命名。この名前もまた珍しいもので「普通の名前は付けられないのか」と散々言われた。18歳の彼女は子役としての出演経験があるが、15歳の時にスカウトのバースデーパーティーでワインを飲み喫煙する姿が目撃され、トラブルメイカーとして話題になることが多い。昨年も、アルコールを持っているところを補導されている。

 なお、三姉妹はデミが再婚したアシュトン・カッチャーと年齢が近いものの、彼を尊重し、良い関係を築いた。アシュトンはデミと別れてしまったが、三姉妹とは今も連絡を取り合っているという。また、デミの低落ぶりを嘆き、三姉妹結束して距離を取っているとも伝えられている。

シュワルツェネッガーファミリー

 オーストリア出身のアーノルド・シュワルツェネッガーは、20世紀最高のボディビルダーと評された後、俳優へ転身し、アクションスターとして世界的な人気を手に入れた。2003年にはカリフォルニア州知事選に出馬し、見事当選。彼の政治的キャリアを支えたのはジョン・F・ケネディ元大統領の姪でテレビキャスター・ジャーナリストのマリア・シュライバー。2人の間には4人の子どもがおり、22歳になる長女で美女として知られるキャサリンは南カリフォルニア大学でジャーナリズムを専攻し、今年卒業。在学中に自己啓発本『Rock What You’ve Got: Secrets to Loving Your Inner and Outer Beauty from Someone Who’s Been There and Back』(2010)をリリースし、今年2月には芸能番組『エンターテインメント・トゥナイト』にインタビュアーとして登場。両親揃って出席した卒業式後もテレビで活躍したいと考えている意向を明かしている。

 21歳の次女クリスティーナも姉に似た美女で、現在ジョージタウン大学でコミュニケーションを専攻。長くウェイブがかったダークヘアーが魅力的で、そのルックスやファッションが注目されている。長男で18歳のパトリックは180cm以上ある長身の超イケメン。モデルデビューはすでに済んでおり、今年7月に俳優デビューすることも発表された。デビュー作はアダム・サンドラー主演のコメディ映画『Grown Ups 2』で、ビッグスクリーンで彼の美しい顔と身体が拝めると、公開を待ち望む人は多い。

 次男クリストファーは、アーノルドがマリアと別れる原因となった、メイドに産ませた隠し子と同じ年齢の14歳。少々ずんぐりしているが、パトリックも10代前半はあか抜けないルックスだったため、将来はイケメンに大化けするかもと囁かれている。昨年夏にブギーボードをしている最中に重傷を負い、ICUで治療を受けたが、すぐに回復。運の強さは父親譲りだと言われた。

 ほかにも、6人兄弟のうちアレック、ダニエル、ウィリアム、スティーヴンの4人が俳優になったボールドウィンファミリー、妻のジェイダ・ピンケット=スミスも一流女優、息子ジェイデンも俳優になり娘ウィロウは歌手デビュー、長男トレイもイケメンに成長しており将来が楽しみなウィル・スミスファミリー、女優として注目されているエリザベスと女優業から離れているというのに、今なお話題を振りまくアシュレー&メアリー=ケイトのオルセンファミリー、宗教的発言で論議を巻き起こし世間から注目されている『愉快なシーバー家』のカークと『フルハウス』のキャンディスのキャメロン ファミリー、リンジーを筆頭に一家全員が見事なまでにトラブルメーカーのローハンファミリー、などなど。

 どれだけ多くの人に注目されているかは、人気のバロメーターになる。しかし家族単位で注目される場合、世間には知られたくない身内の複雑な事情もリークされてしまうことが少なくない。羨ましがられる存在ではあるが、セレブリティ・ファミリーに属することは、なかなか辛いことなのかもしれない。

お父さんが悪いわけじゃないのよ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー