しいちゃんの芸能解説講座【裏】

岡村が泥酔して全裸に……めちゃイケ酒豪No.1決定戦企画に非難集中!

okamuratakashi02.jpg
岡村さんがノリノリだとこっちが不安
になるわ

編集M 9日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の企画「めちゃイケ酒豪No.1は誰だ!決定戦」に批判が殺到してるね。

しいちゃん オリジナルメンバーと2010年から参加した新メンバーの計17人が「飲まないと仲良くなれない」という主旨のもと、夕方6時半から朝4時まで飲み続けるという企画ね。批判を避けるためか、「お酒は自分のペースで飲み、眠たくなったら『おやすみなさい』と言って隣室で休む」というルールを設けているって冒頭で強調していたけど、ナレーションではAKB48の総選挙に絡めて「神7がペースをあげる」「つぶしにいけるか?」などと明らかに飲みを煽るような作りだったね。「吉本で一番酒に弱い」といわれるジャルジャルの後藤淳平は、焼酎の水割りを一口飲んだだけで真っ赤になり、極楽とんぼ・加藤浩次やナインティナイン・岡村隆史ら先輩芸人たちにからかわれ「恥ずかしいです」と謝ったり、鈴木紗理奈がアルコール40度のテキーラのショットを全員に飲むよう促したり……。もちろん後藤も飲んでた。

編集M え? それってただの内輪の飲み会じゃん。おもしろいの? 

しいちゃん 本音や暴露話が出てくると「おもしろい」と感じる視聴者もいるんじゃないかしら。加藤がジャルジャル相手に「自分の出番は自分で勝ち取れ」とアツく語り出したかと思えば、モデルの敦士には「自分で考えない者は去れ!」と怒鳴ってた。たんぽぽの川村エミコはアバズレだと暴露され、相方の白鳥久美子は酔ってろれつが回らなくなり「とりあえず抱いて」と言い出すなど下ネタを連発。いちばん悪ノリしていたのは岡村ね。終盤、「吐きそう」と言って指を口につっこんだり、隣室で全裸になって暴れたりしてたわ。最終的には、矢部浩之とジャルジャル・福徳秀介が残り2人で芸人論を語って優勝。

編集M 「芸人論」、やだやだ~。ほんっと男って語りたがりだよね。ウンチクとオレ論がなきゃ生きていけないのかしら~。じゃなくて、3月に立教大学のテニスサークルの学生が飲酒後に死亡、5月には小樽商科大学アメフト部の飲み会に参加した学生9人が救急搬送され1人が死亡するという事件が起きたばかりで、よく企画したよね。

しいちゃん そうなの。それが背景にあったこともあり、飲酒事故の遺族らで構成される「イッキ飲み防止連絡協議会」など3団体からフジテレビに抗議文が寄せられた。フジ広報部は「内容を精査して対応する」とコメントしてる。

編集M 確か『めちゃイケ』は社団法人日本PTA全国協議会によるアンケート「平成23年度子どもとメディアに関する意識調査」の「保護者が子どもに見せたくないテレビ番組」ランキングの常連だったような……。

しいちゃん その通り! 今年は4位、昨年も3位だったよ。1位は、9年連続で『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)。続いて、2位は『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)、3位は『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)だった。『ロンハー』が選ばれた理由は、「内容がばかばかしい」(76.6%)、「いじめや偏見を助長する場面が多い」(46.0%)、「言葉が乱暴である」(41.6%)だそう。

編集M 昨日うっかり『芸能★BANG+』(日本テレビ系)を見ちゃったんだけど、『ロンハー』の比じゃないくらいばかばかしい内容だったよ。クズっぷりが評価されて近頃人気の坂上忍が出てるのに全然活かせてないんだもん。もっと忍をエグってよ! って考えると、「ばかばかしい」って批判の声が上がるだけ、注目されてるってことだね。

しいちゃん 確かにそうね。ランキング全体を見ると、1位2位はテレビ朝日系が独占したものの、10本中6本がフジテレビという結果になってる。フジは昨年、高岡蒼佑が火付け役となり、ネットを中心に「韓流に偏りすぎでは」と批判されてて、なにかと注目されがち。今回のこともネットでは「配慮は感じられた」「抗議はいきすぎ」と擁護する声がありながらも、「またフジか」と呆れる意見も。また、企画内容について「くだらない」「芸がない」「おもしろかったならまだしも、ただの飲み会で笑えない」という声も多い。韓流騒動の時、岡村がラジオで「見いひんねんやったら見いひんかったらええのよ、ただそれだけのこと」と反論したことがあって、今回も同様のことを言うのではないかと注目されてる。

編集M 反論も結構だけど、酔ってただ脱ぐだけじゃお粗末だよ。それなら温泉街のスナックのママの方がよっぽど芸とネタを持ってるわよ!

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
浅野ゆう子の交際発覚、山口智子は16年ぶり連ドラ出演、あの女優は今……
ミキティの「美貴亭」食中毒の裏で、「焼肉小倉優子」にも異変が……
浅野ゆう子の交際発覚、山口智子は16年ぶり連ドラ出演、あの女優は今……
鈴木亜美の元彼は高岡蒼甫の友人! 熱愛発覚で高岡がまだピンチ?
罵倒に有吉弘行も憤怒! 『Mステ』も『27時間テレビ』もタモリなら支持?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー