今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

宮沢りえを起用した、ヘアケアシャンプーh&sの微妙な人選

miyazawarie02.jpg
この頃はティモテな感じ!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎これも一種のブランディング
 ヘアケアシリーズのh&sのCM。久々に宮沢りえを美容アイテム系CMで見たなあ、と思ったとたんに離婚発表かい。別に家庭をイメージさせる商品じゃないから、「離婚NG」は契約に盛り込まれていなかったのかもしれないが。それにしても。何かh&sのCMって、前も長谷川理恵を起用してたり、何ていうか、ちょっと「薄幸系」な感じ。イメージカラーも寒々としたブルーだし。「頭皮にアプローチするヘッドスパシャンプー」という商品の性質を鑑みると、何もしなくても髪ツヤツヤな若い娘さんより「新陳代謝はちょい低下してるけど、でも年の割には十分キレイ」というところを狙ったセレクトは絶妙といえるのかもしれない。案外、離婚が決まったあとで、「そういうことなら、ぜひお願いします」ってことで契約がまとまったのかも。これからも、「髪はキレイ。でもそれだけじゃあ人生はままならない。でも髪だけはキレイ」という、微妙な人選を続けていって欲しい。次は、冨永愛あたりか。


◎キンキ堂本だとどっち?
 最近、ネットニュースなどで「ロンブー田村、猫ひろしにエール」等、「ロンブー田村」の表記が目立っているが。「ロンブーは二人とも田村」という基本事項が忘れ去られてやしないか。「ロンブー田村」と言われたら「淳」しか脳に浮かばない。「亮」の存在感の希薄さと、「淳」の根拠なきチヤホヤ。これが招いたハイドロプレーニング現象だと思う。これからはもう、「ロンブー田村」といえば「淳」ってことでいいや。主語に「亮」が来るニュースは、彼が死んだ時くらいしかないだろうから。

◎アイドル性もザキヤマの勝ち
 ゴールデンタイムのレギュラーに昇格してから、面白さがガクンと目減りした『おじゃマップ!』(フジテレビ系)。原因はひとつ。ボケの天才ザキヤマにツッコミ役をさせるという暗愚のせいだと思う。深夜の単発番組だった頃、ザキヤマの泉の如く湧き出るアドリブボケに、延々付き合わされ、美味しいところをすべて持って行かれて辟易する香取慎吾、という画ヅラが面白かった。なのに、ゴールデンになってからは、「ザ・台本通り」とばかりに、香取がボケ役、ザキヤマがツッコむという構図に。「ちょっとちょっと、何でオレが全部持ってんの」と、ザキヤマに荷物を持たせてしまうより、あり得ないところから理由をこじつけ、いつの間にか香取に荷物を押しつけているザキヤマ、という画ヅラが面白かったのに。ジャニーズの事務所力の横暴に、今さら何も言う気はないが。無理やり旨味をぶん獲った香取より、ツッコミ役に甘んじても、コンスタントに一定の成果を出してるザキヤマの見事さが目立つ結果となっているのが興味深い。ザキヤマ……。おそろしい子。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
TOKIO・松岡昌宏をサウナで助けたのは、吉川晃司ではなく……!?
樹木希林に一方的に漬物を送り続ける、和田アキ子の厚顔さ
さらに進化していた、片岡鶴太郎の“粋人”プレイ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!