パンチラインは「もちろん合法だよ」

「こうなる前に切りたかった」globeのマーク・パンサーの話が出ないワケ

globe01.jpg
globe公式サイトより

 音楽プロデューサーの小室哲哉の妻でglobeのボーカル・KEIKOが先月24日、くも膜下出血のため自宅で倒れ緊急入院した。手術は成功したものの、現在も集中治療室で治療を受けているという。

 かつては、プロデュースする楽曲が確実に大ヒットしていた小室。華原朋美、安室奈美恵、TRF、globe、篠原涼子など次々と人気アーティストを世に送り出した。しかし、1994年ごろから起き始めた「小室ブーム」はモーニング娘。を手がけたつんくの出現などによって、2000年代には終焉を迎えてしまう。

 ファミリーの中には、現在も第一線で活躍している人もいれば、ブームとともに姿を見られなくなった歌手も多く存在する。しかし最近になり、すでに言葉自体忘れられてしまっていた「小室ファミリー」の面々の周辺がにわかに騒がしくなっている。

 先月30日には、元恋人の歌手・華原朋美が、実兄・下河原忠道氏のブログで「年内に日本に帰国して、ボイストレーニングやお芝居のお稽古など、芸能界復帰に向けて頑張る事に決めました」と復帰宣言。また歌手の鈴木亜美も11月4日発売の「FRIDAY」(講談社)で、12歳年上男性の熱愛が報じられた。

 しかし、盛んに取り上げられているファミリーの中で一切ノータッチな人物がいる。小室とKEIKOと同じglobeのメンバーで、作詞とラップを担当していたマーク・パンサーだ。彼はglobeの活動停滞後の2006年、「株式会社MARC-2」の副社長に就任。しかしその会社の実態は、いわゆる”マルチ商法”ではないかと週刊誌で報じられた。同社のHPに記載された健康飲料の販売方法「MLM」について、マーク自身が「もちろん合法だよ」、 「(マルチ商法なんでしょ? という問い に対して)違うよ。全然違うよ」などと答えたQ&Aは、ネット上でも大きな話題となった。

「エイベックスは意図しない活動ばかりを行うマークを、どのタイミングで切るか調整していたそうです。globeのサイト上にマークの名前があることは煩わしかったようで、周囲のマスコミにも『あまり触れないように』とお達しが出ていた。今回のKEIKO緊急入院も同じくで、同じユニットのメンバーであるはずのマークのコメントを取った社は皆無。エイベックスサイドとしては、こんな騒ぎになる前に契約を解除しておきたかったのでしょうが、いま切ってしまうとかえって心象が悪くなるためしばらくはメンバーとして名を連ねているままでしょうね」(週刊誌デスク)

 すでに前出の社は存在しておらず、またマークの妻は2007年9月に麻薬所持で逮捕されるなど、彼の周りでは怪しい話が絶えなかった。そんなマークは今どこで何をしているのだろうか?

 今年9月27日に放送された『ワイドショー vs 芸能界 昭和平成スクープ抗争 100人の主役降臨SP』(TBS系)では、元小室ファミリー「dos」のメンバーだったKABA.ちゃんが16年ぶりに小室に再会し、現状をレポートするという企画が放送された。

 番組内で小室はKEIKOとの夫婦生活などを語るとともに、マークの近況について「フランスでワイン作りをしている」と紹介していた。また、香港で「博多道場」というもつ鍋屋を経営するなど、あまり知られていない事業も行なっているようだ。かつて輝かしい時代を共にしたメンバーのふたりがこういった状況の現在、マークはどこでどんな気持ちで生活を送っているのだろうか。

『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』

「違うよ。全然違うよ」の衝撃から早5年

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「KEIKOさんが許さないでしょ」、虚ろな目で芸能界復帰を狙う華原朋美
宇多田ヒカル休養宣言の裏にある父・照實氏の思惑と、恋人家族の囁き
酒井法子、復帰コンサートを計画中! バックアップ陣には民主党議員も

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク