[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

ココがアンパンマンに夢中な一方で、妻くらたまが●●に夢中!

kosodateillust66.jpg
(C)倉田真由美

 以前から大震災後の3連休に清里の赤ちゃんペンションに行く計画を立てていたのですが、前日にペンションから「計画停電の予定があり、料理も作れないので、キャンセルした方がいいと思います」と電話がありました。確かに余震も続くし、遠出は心配かも。ということで旅行は中止になりました。が、「それでも連休に何もしないのはもったいない!」と妻くらたまが言い出しました。「どこに行くよ?」と返すと、「ちょっと探す!」と妻はネットで調べ始めました。

 で、近場ということで横浜に行くことに。「アンパンマンミュージアム」に行ってから、みなとみらい駅周辺でココを遊ばせようということに。みなとみらい駅周辺のホテルを調べたら、どこのホテルも震災後ということもあって客足が遠のいているのか、割引プランがいっぱいありました。なので、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」に宿泊することにしました。予約も前日だったけど、余裕でしたね。

 早速翌日の朝イチにまずは「アンパンマンミュージアム」へ! 東急東横線は節電対策ってことで、急行はなし。各駅停車で高島駅まで約40分。駅に降りるとすでに赤ん坊連れの家族がかなりいました。多分、皆さん「アンパンマンミュージアム」に行くんだろう。で、アンパンマンミュージアムに着いた瞬間から、ココは猛ダッシュで「あんぱん! あんぱん!」と叫びまくってるじゃないですか! いやーここまでテンション高いココを見たのは初めてかも。ちなみにミュージアムと言っても、幼児向けなので内容はたいしたことないが、幼児にとってはハンパじゃなく面白いんだろうな。ココ以外の幼児たちもワーワー騒いでたしな。

 場内ではスタッフによるアンパンマン劇場という人形劇があったんですが、ココはまだ座って見ることができません。なので、興味を持つ前に他の場所に移動してしまう。ちなみに、アンパンマン体操の時はココも一番前に行って踊ってました。ココはどうやら音楽が好きみたいです。音楽が流れると、クネクネと踊り出すんですよ。昼になったらココが寝てしまったので、その間に昼ご飯を食べることにしました。アンパンマンミュージアムには、たこ焼きとか肉まんなどファーストフード的なモノしかなかったので、外に出ることに。しかし、みなとみらい駅周辺にはご飯食べる場所がファミレス以外まったくない! しかもどこのファミレスも並んでるし! この歳になってファミレスに並びたくないので、仕方なくマクドナルドにしたよ。たまに食べるとうまいのでオレは問題なかったけど、妻は納得いかないみたいでチーズバーガーだけ嫌々モソモソと食べてました。

 その後、アンパンマンミュージアムに戻って、記念写真やら撮ったりしてたらココが起き出しました。ココに昼メシを食べさせようと思い、ミュージアム内にある屋台のインスタントうどんを食べさせることに。そしたら妻も「私もうどん食べる!」と言い出し、大盛りうどんをバクバク食べまくりです。どうでもいいが、最近の妻は3食ほとんど大盛りです。オレより食べる量が多いってのは問題だと思うんだよね。確実に去年より10キロは太ったと見てる。

 で、ココはうどんを食べた後、また園内走りまくり! 結局ミュージアムで、午後4時過ぎまで遊んでました。ミュージアムを出てホテルまで歩いて行き、チェックイン。ホテルの部屋に荷物を置いて、コスモワールド周辺へ散歩に行く。ビブレ内をウロウロしてたらレストラン街があったので、自然食レストランバイキングで夕食。ここでもココは相変わらずハイテンションで暴れまくり。しかもぜんぜんご飯食べないし。

 その後はホテルに戻って妻とオレは読書しようと思ったのですが、ココが暴れるのでしばらく一緒に遊んであげました。で、風呂に入れて11時頃にやっと寝てくれたよ。翌朝はホテルのバイキングで朝食とってたら外を見ると大雨! 妻は「放射能のこともあるし、今日は早く帰ろう!」ということになり、チェックアウトして自宅に帰りました。昼過ぎに家に着いたけど、雨なのでこの日は一日中自宅です。ココはヒマそうだったけど、まあ、こんな休日もたまにはいいでしょ!

『突然、9歳の息子ができました。』

やなせマジックにハマったようです。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
妻くらたまが○○したせいで、早くも家庭内別居!? 
ココの体力は驚異的! 遊びまくりの連休で、オレもくらたまもヘトヘトに
前回の悪夢をリセットして、子育てカフェに再びチャレンジ! 

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク