いろんな形の支援を展開

平均年収150万円なのに、100億円の募金! 台湾からの熱い支援

ssuhide.jpg
ヒデも参加!!

 3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震。未曾有の被害をもたらした大災害に心を痛め、「困っている親友を助ける時が来た!」と立ち上がったのが台湾である。台湾人は、1999年9月21日に発生した台湾中部大地震と、一昨年の8月に台湾南部を襲った台風災害に苦しんだ時、日本がどの国よりも早く支援すると表明し、多くの救助隊を派遣し、多くの援助金をくれたと、深い恩を感じているとのこと。政府だけでなく民間人も一丸となり、「恩返しする時が来た」と募金活動を始めたのだ。

 九州ほどの面積しかない台湾の人口は約2,300万人。サラリーマンの平均年収は約150万円、コンビニ・バイトの時給は約300円と日本に比べ、とても安い。しかし「”親友”である日本が大変な思いをしている。一人でも多くの被災者が家を建てられるよう、少しずつ出し合おう」と老若男女こぞって募金に参加。募金総額は30日時点で100億円(交流協会発表)に届こうとしている。

 地震発生から1時間後、台湾外交部は馬英九総統が約2,500万円の援助金を送り、要請があればすぐに救援隊を派遣すると発表。夜には、親日家として知られる李登輝元総統が「現在の日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、私は刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じております」「自信と勇気を奮い起こしてください」という哀悼メッセージをインターネット上で発表するなど、政治関係者の反応はとても早かった。李元総統は個人的に義援金を送ったことも後に明かしている。

 また同日夜11時、台湾人女性がFacebookで「今、できることは祈ること。青のペンで手のひらに日本語か中国語で『日本の平安を祈ります(祈祷日本平安)』と書きましょう! 祈りましょう!」と呼び掛けたところ、12時間後にはその写真が200枚を超えた。女性はこれをまとめた動画を掲載している。

 一夜明けた12日、被害が尋常でないことを受け、馬総統は義援金を2億8,000万円に増やすことを決定。訪台中であった海部俊樹元首相に緊急電話し、哀悼と慰問の意を表明した。

 13日午後には民間救援隊35人が寝袋500枚、石油ストーブ500台など数多くの救援物資と共に成田入りした。同日、921(1999年9月21日に発生した台湾中部大地震)の被災者たちが、「921では多くの日本人に助けてもらった。今度は、私たちが手を差し伸べなければ」と募金活動を開始。

 17日ゴールデンタイムには、国民的人気メロドラマ『夜市人生』の出演者たちなど、台湾国内で活躍するタレント200人が集結した電話募金番組が生放送され、約3億5,000万円が集まった。

 18日の夜8時からは、ジュディ・オングなど台湾国内外で活躍するタレントや著名人200人以上が集まる電話募金番組『相信希望 Fight & Smile』が主要テレビ局で生放送された。夫人と共に自ら電話番をした馬総統は「日本人は粘り強く、物事を冷静に処理する能力がある。どんなに苦しくても生活を立て直す力がある。第二次世界大戦後もそうだった」とコメント。有名タレントたちと共に、各県市の上級指導者らも電話番をした。

 この番組にはサッカー元日本代表の中田英寿も出演し、サイン・グッズなどをチャリティーオークションに出展。台湾を代表する彫刻家・朱銘も、自身が最も気に入っていた太極シリーズの作品を出展し、約7,300万円で落札された。放送中に、電子機器受託生産大手の鴻海グループの総裁が約5億5,000万円を寄付したほか、台湾を代表する企業が次々と高額寄付をした。

 番組後半では、「少ないけれど、ぜひ福島原発の現場で奮闘している50人の家族に渡してほしい」と1億4,000万円を寄付した人も現れた。放送中、画面下に誰がどれだけ寄付したのかが流れたのだが、そのテロップが途切れることはなかった。番組のテーマソング「believe 相信愛」は、この日以降、台湾中で流されるようになる。

 23日には台湾の企業「エバーグリーン・グループ」の総裁が日本赤十字社に10億円寄付したことが明らかに。同日、国民党は彰化県100世帯で被災者のホームステイ受け入れ態勢が整ったと発表。大手自転車メーカーGIANTは5,600万円相当の自転車・電動自転車を寄付すると発表している。

 その後も、台湾全土で募金活動が続いており、各自治体、国民小学校、中学校、高校、大学でも募金活動が行われている。また、各企業では「1日分の給料を寄付しよう」という活動が広まっている。

 27日には李登輝元総統が、88歳という高齢であるにも関わらず立ち上がり、「日本の被害は、とても深刻なものだ。みなで、より一層の支援をしよう」と、今後も募金活動を続けていこうと呼びかけた。

 30日、台湾の経済建設委員会は、主要貿易国である日本を襲った今回の震災被害が台湾経済へ与える損失は、540億円を超えるとの予測を発表。台湾人は見返りを求めて募金活動をしているわけではないが、もし台湾に何らかの恩返しができるとすれば、一日も早く日本を復興することではないだろうか。募金・支援活動は今日も、台湾全土で行われている。

『好好台湾』

本当にありがとう!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
原発、地震、救助者……海外メディアは日本の現状をどう伝えたのか
パリスやリンジー・ローハンも! 海外セレブから寄せられた、祈りと支援の手
不謹慎発言で声優をクビにした米アフラック、衝撃的な新CMが話題に

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー