[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAPファンは年齢層高い? オリジナルグッズにキッチン手袋が登場

smap02.jpg

 この時期恒例となっている「SMAP SHOP」が、今年も赤坂サカスにてオープンする。開催期間は12月8日~2011年1月10日。これまでと同様、感謝の気持ちを込めたサンキュー価格(390円)のショップ限定CD「Are You Smap?」をはじめ、オリジナルグッズの販売、メンバー着用衣装の展示やコメントの放映もあるという。加えて、現在猛プッシュ中の木村拓哉主演映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、草なぎ剛主演映画『僕と妻の1778の物語』展示コーナーも用意される予定だ。

 2005年にフジテレビ主催のイベント『HOT☆FANTASY ODAIBA』のブースのひとつとしてスタートして以降、表参道ヒルズ、赤坂サカスと場所を変え、今回で6回目の開催。新鮮味も次第に薄れつつあるなか、今年は販売商品に新たな試みが見られるという。

「これまで、オリジナルグッズはマフラー、シュシュなどのファッションアイテムやパスケース、ハンカチ、マグカップなどのグッズが定番だったんですが、今回はファッションアイテムがなくなり、ネイルケアセット、エコ箸、ランチボックス、エプロン、キッチン手袋などのアイテムが追加されるようです。ランチボックスや箸はエコ思考かな? って思うからまだしも、キッチン手袋って……(苦笑)。それだけファンの年齢層が上がってるっていうか、ターゲットをそちら側に絞ったっていう証なんでしょうか」(30代のSMAPファン)

 若手ジャニーズアイドルのファンのように、グッズがあればすべて買い占める、という盲目的なファンは少なく、価値の出そうな限定DVDやCD、”使える”グッズを数点購入するという傾向が高いというSMAPファン。主催者側がファンのニーズを意識して商品展開を変えるのも当然のことなのだが、アイドルグッズにしてはかなり実用的。「なんとなく生活感を感じて萎える」「夢がない」「1,000円もするキッチン手袋をどうしろと……?」というファンの声にも確かに共感できなくもない。

 とはいえ、「今年も絶対に並ぶ!」と勢いづいているファンが多いのも事実。早朝から整理券が配布され、入れるのは夕方というのがもはや当たり前の人気ショップは、今年も大いに賑わいを見せてくれそうだ。

アサヒ We are SMAP!(ウィアースマップ)ペット500ml1箱24本

耳かきをグッズにしてた若手ジャニーズもいますよ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
30年前のあの名前? ジャニーズJr.新グループのネーミングが話題に
なぜこの人が? 既婚ジャニタレに共通する”ある事情”
「アゴがぷよって顔が大きい!」キムタク月9ドラマにファンも興ざめ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー