今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

香取慎吾版『座頭市』が抱える問題点をあの人が……

sinngo.jpg
ドールマンもやってるよ!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎徹子バズーカの破壊力
 最近「徹子の部屋芸人」などの鑑賞法が確立され、シッポを掴まれないよう警戒しているのか、おとなしめだった黒柳徹子。しかし久々に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で徹子爆弾が炸裂しているのを見た。被爆者は主演映画『座頭市 THE LAST』の宣伝の為に出演した香取慎吾。さんざん勝新の往年の『座頭市』の名シーンを流され、ただでさえオーラの違いに縮こまっている香取。そこへさらに「座頭市は版権の都合で、これで映画化されるのは最後なんですってね。あたしビックリしました。あなたで終わりでいいのかって」と言い放ったのである。わぁ! 命中! それ言っちゃあおしまい。つーかそれだけは言いっこなしだったのに。きれいに命中しちゃって。徹子爆弾は当たると有吉よりキツいからなあ。
 これは個人的な意見なのだが、一回ぐっさん(山口智充)の演じる座頭市が見てみたかったな。ラストが香取慎吾かぁ。綾瀬はるかなんてのもあったしなぁ。あんまりやり放題しすぎて「もうイヤ」って版権引き上げられちゃったのかも。みんなで天国の勝新に謝ろう。めちゃくちゃにしてすみません。

◎宇宙人ではなかったけれど
 「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなった」かぁ。「原因は私の不徳の致すところ」と一応付けたしてはいたけど。何かこう最後まで国家元首というより、お公家さんみたいな人だったな。政治家じゃなくて「院」とか「帝」って感じ。最後「今日、家にいるのと同じヒヨドリが近くに飛んで来て、早く家に帰って来いと言われた気がした」みたいなこと言ってたけど、あれも何だかなぁ。雅というかたおやめというか。島流しの前に上皇が辞世の句を一句詠んでるみたいだった。ザ・浮世離れ。おいたわしや。ごきげんよう。

◎暴力団が大相撲を見る理由はそこにあったか!
 闇金だのマネーロンダリングだの、最近は金の流れがシステム化してしまったせいで、もう「ザ・ヤクザ」な人種は絶滅してしまったと聞いていたが。ムショにいる兄ィに顔を見せる為に相撲の席を用意か。ご丁寧に姐さんも連れて「ほら、元気にしてますよ。安心してつかぁさい」か。何か古き良き(良かないが)「任侠」ってまだいるんだなぁ、としみじみ。しかしこの「テレビを通じて知り合いに顔を見せたい」というのは、構図としては”森田さんのお天気コーナー”なんかで、テレビに映してもらう為に後ろで並んでる子連れママさんとかと同じだと思う。あくまでも、構図として。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
ムヒアルファのCMが教えてくれた、氷川きよしと相葉雅紀の共通項
眞鍋かをりの事務所問題で露呈した、芸能界の”怪しさ”
公職選挙法まで変える!? 参議院に”ヤワラ立つ”波紋

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク