[TVツッコミ道場]

『エンタの神様』を目指した『あらびき団』が、エンタに逆転勝利した日

arabiki-1.jpg
『あらびき団アンコール Vol.2』/よし
もとアール・アンド・シー

 今回ツッコませていただくのは、6月22日放送の『あらびき団』(TBS系)。1週前の15日放送分から2週にわたって「初顔SP~あらびき団地~」と銘打って、初顔の芸人ばかりが出演した企画。”あらびき芸人”として認められると、”あらびき団地”へ入居できるという形で、VTRを見てライト東野(東野幸治)とレフト藤井(藤井隆)が合否のジャッジをしていく。入居が認められると2回目以降の出演も可能というシステムで、番組内オーディションの体もとっている。

 この日、最後に登場したのが、平井堅の曲を歌いながらフリップ芸をするヒライケンジと、コウメ(小梅)太夫。かつて『エンタの神様』(日本テレビ系)で人気者だった2人の芸人がやってきた。『あらびき団』がスタートしたときには、「『エンタの神様』に送り出せるような芸人を育てていきたい」と、ことあるごとに言っていたが、まさか行き場をなくしたエンタの芸人の再チャレンジの場になるとは、思ってもみなかった。

 さて、『エンタ』からやってきた人気者ふたり。しかし、どちらも、「『エンタ』に出てたころは週に○本仕事があったけど今は……」という、自虐ネタ被り。入居審査の結果は、ヒライ→×、コウメ→○と、明暗を分けることになった。

 粗い芸を、悪意ある編集や絶妙なカット、そしてMCのいじりまで含め、総合的に面白く見せるというスタイルが新鮮で、また評価される機会の少なかった芸人がスポットを浴びる場としても機能した『あらびき団』。はるな愛、世界のナベアツ、エハラマサヒロ、ガリガリガリクソンなど、『あらびき』出演以降メジャー化していった”あらびきスター”も多い。どぶろっくやダブルネームなどは、『エンタ』の常連となり、まさに当初の目標は達成されていた。

 ただ、この「あらびき」というくくりがメジャー化し、「あらびきっぽい」と言うような表現も生まれるようになった。よく東野と藤井が、自分たちで『あらびき団』のことを「掃き溜め」とか「吹きだまり」とかいう類の表現をしているが、掃き溜めのはずが、気づいたら”登竜門化”してしまっていた。”掃き溜めの本流化”という矛盾めいた状態だ。

 今回入居OKになったコウメさんも、芸そのものが面白かったというよりも、「あのコウメ太夫が『あらびき団』にいる」という「状況」が面白く、今後エンタ芸人が『あらびき団』に出演するようになるわけではないだろう。ギター侍はいらない、と東野も言ってたし。残念。
(太田サトル)

『あらびき団アンコール Vol.2 あの素晴らしい芸をもう一度』

一番のあらびきは、MCの2人の暴言具合。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
徹子が泣いた! 小梅太夫で泣いた!
どうして? 『あらびき団』にイケメン大量出演
24時間マラソンランナーのはるな愛に、「感動」よりもそそられる点 …

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム