[TVツッコミ道場]

『家なき子』的昼ドラ出演で浮上した、”永遠の安達祐実”問題

『家なき子』的昼ドラ出演で浮上した、”永遠の安達祐実”問題

 今回ツッコませていただくのは、昼ドラ『娼婦と淑女』(東海テレビ制作/フジテレビ系)において、一人二役を演じている安達祐実。  「帰ってきたドロドロ」と言われる、久しぶりに東海テレビらしい昼ドラだが、内容以前にどうにも気になってしまうのは、もう三十路近く、出産経験もあるのに、アップにしても子どもにしか見えない、安達祐実の異様な若さだ。  ドラマ内では荒れ果てた姿で「死ねよ!」と叫んだり、うれしそうにカネを数えたり、泣きながら「後悔なんてしない、アタイは蛾だ! 生きてくためには何だってやる!」と決意を固めるシーンなどが見られるが、声も顔も、どうしても「同情するなら金をくれ!」のせいぜい数年後くらいに見えてしまう。番組はおろか放送局も違うのに、「犬が死んでしまった後、余計に荒んでしまったのね......」などと、15年以上前のドラマ(『家なき子』)の続編のように見えてしまうのだ。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『家なき子』的昼ドラ出演で浮上した、”永遠の安達祐実”問題のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場井戸田潤娼婦と淑女安達祐実のニュースならサイゾーウーマンへ!