"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第22回】

巨大帝国に背いた罰!? トシちゃんをとり囲むトホホな騒動

shuukanjose0413.jpg
「週刊女性」(主婦と生活社)4月13日号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第22回(3/25~3/30発売号より)

 今日もまた、週刊誌という媒体がいかに受難の時代かを見せつけられた一件があった。

 朝のワイドショーを見たら、キャスター・木場弘子の夫で、元プロ野球選手の与田剛(現NHKキャスター)の不倫騒動が取り上げられていた。これを一面で報じたスポーツ紙を “紹介する”という形でね。5年ほど前に、与田はキャビンアテンダントの女性と不倫、その挙句に相手の女性が妊娠中絶する事態となったが、既に夫婦の間で話し合い決着済みだという。

 だが元をたどれば、この一件は本日発売の「週刊女性」のスクープだった。しかも「週刊女性」が触れていない怪しい占い師の存在まで明らかにされるなど、元記事より詳細なものだった。ネットでも配信されてたし、これじゃあ雑誌もなかなか売れないよね。だからこの欄は自戒を込めて、記事の詳細にはあまり立ち入らないようにしようっと。

1位「直撃!田原俊彦 ご近所困惑! 路駐パトロールの日々」(「週刊女性」4月13日号)
2位「柳葉敏郎VS織田裕二 不仲認めた裏」(「女性セブン」4月15日号)
3位「いい人よね と言われる彼女がいちばん壊れている!?『演技性人格障害』急増中!」(「女性自身」4月13日号)

 ご近所スキャンダルは面白い。特に今回の主役は”ビッグ”なトシちゃんだ。

 昨年デビュー30周年を迎えたトシちゃん。だが、最近とみにメディアに出まくるマッチと比べても、”ご活躍”とは言いがたい。先日も『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にゲスト出演しようと売り込み作戦に出たが、ジャニーズ側からお断りされたというトホホな近況も伝えられている。そんな鬱憤からか、ご近所ではある噂が。

「路駐を見つけると手当たり次第通報してる」

 一見シュールだが、実はかなりリアリティーのある噂である。芸能人って落ち目になっても周囲の目は顕在なんだな。噂の真偽は雑誌を読んでもらうとして(笑)、ご近所さんも何かと彼をウォッチしているのだろうと思われる。

 覚せい剤の赤坂晃にしても、告発本『光GENJIへ』を書いた北公次にしても、巨大帝国ジャニーズから離れると、悲惨な末路、現実が待っている傾向が強い。昨年末には未成年の元ジュニアがネットカフェで窃盗で逮捕されるという事件もあった。元スターたちの悲しい現実だ。

 ほーらね、やっぱり、というのが2位の『踊る大捜査線』ネタ。

 今夏公開のシリーズ3弾『踊る~3』の撮影が進む中、ビールCM会見に出席した柳葉敏郎が、不仲と噂される織田裕二について質問されるや顔色を変え「それを聞いてどうします?」とムキになって答えたというもの。しかーし、2週間前の「週刊女性」では独占スクープとして、二人ががっちりと握手して「確執雪解け」という正反対の記事が掲載されていたのだ。

 本当はどうなの? って感じだが、真偽はどうでもいい。だって、メインキャストの不仲って、既にこの映画のひとつの売りになっているのだから。不仲→和解→また怒鳴り合い→手打ち→関係悪化→シリーズ続行は無理? こんな事態を繰り返し、関係者は二人を噂し、メディアが報じる。さすが邦画実写映画動員1位を誇る人気シリーズ。今後も二人の仲に関する記事は続くだろう。なんたって、結構な宣伝だから。

 いつの頃からだろう。なんとか症候群、片付けられない女、AC(アダルトチルドレン)、プチ鬱などと病気を作りだし、それにいかにもな命名をし、自分たちを当てはめていくようになったのは。

「全国民総ビョーキ化」

 そんな中、「演技性人格障害」とやらが急増しているのだという。人にいい人だと思われるために過剰に演技する。注目を浴びたいために見栄を張り人を騙したりもする破滅型、周りの雰囲気を壊したくないがために自分の気持ちを押し殺す自滅型。大雑把に言うと、この二つのパターンがあるという。

 でもこれって人格障害? 「いい人に見られたい」って普通のことだし、誰にでもあること。私のほぼすべての友人がこの記事の「人格障害」に当てはまる。だが彼ら彼女らが障害とは思えない。ちょっと過剰な個性ってことだと理解している。

 でもこうしたビョーキに関する本は売れていることも事実だ。自分を当てはめて、安心しているのかもしれないが、それこそが現代病なのでは?

 ちなみに私の障害は「飲酒解離性人格障害」だ。お酒を大量に飲んで、さらに近くにタイプの男がいると人格が交代する。年齢は実際より10歳くらい若くなり、しゃべり方も変わり、愛想がすごくよくなる(らしい)。というのもその時の記憶はないからだ。多重人格の症状にぴったりでしょ!?

30th Anniversary TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE T TOUR 2009(初回限定版) [DVD]

ライブではビッグ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
やはり女性には冷たい!? 目撃情報で分かった、ジャニーさんの健在ぶり
アンタッチャブル柴田、ようやく見えてきた”女性問題”の詳細
愛子さまいじめ問題よりも怖い、メディアの陰湿さ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク