"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第19回】

愛子さまいじめ問題よりも怖い、メディアの陰湿さ

shuukanjose0323.jpg
「週刊女性」3月23日号/主婦と生活社

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第19回(3/4~3/9発売号より)

 共同通信社が行った世論調査「総理にふさわしい人」が発表されたが、自民党の舛添要一参議院議員がダントツトップ! ホンマかいな。あの人をそんなに支持してる人がいるなんて。まあ、麻生太郎さんも安倍晋三さんも首相になる前は「国民的人気者」なんて賞賛されてたことを思えば、大騒ぎすることもないか。

1位「愛子さま前代未聞の不登校――『イジメ』の真相」(「週刊女性」3月23日号)
2位「宮里藍 硫酸脅迫乗り越え勝ちに行く『メンタル呪文』」(「女性セブン」3月18日号)
3位「衝撃スクープ 戦慄の食肉パンダ」(「女性自身」3月23日号)


 さすがは”皇室御用達”の女性週刊誌! 3月5日の宮内庁会見以降、皇太子長女愛子さまの不登校問題がメディアをにぎわせているが、「週刊女性」の表紙には「愛子さま――」の文字が大きなスペースを陣取り、デカデカと踊っている。久々の皇室ビッグネタだものね。リキんじゃうよね。

 でも、この問題ってそんなに大騒ぎすることか? 小学2年生の高貴な女の子が、やんちゃな男の子の振る舞いに恐怖心を抱いて、腹痛を訴え学校に行けなくなる。世の中には、はいて捨てるほどよくあることだ。しかもたった4日間で、そのことを会見で公にする。周りの大人がアホすぎ。学校と保護者側が話し合いを続けて解決すればいいことだ。

 確かに以前から名門校・学習院の学級崩壊は週刊誌でも取り上げられていた。愛子さまとは別の学年では傷害事件も起こったのだとか。ってことは生徒たちの問題より、指導する側の問題でしょ。

 授業中に歩き回るなど、問題行動を起こす子どもたちが表面化して久しい。イジメも低学年化している。そんな事情があるから、親は必死に子どもを私立に行かせようとお受験に励む。でも今回分かったことは、名門私立学校もダメじゃん、という現実だ。

 既にメディア関係者は愛子さまに”乱暴”を働いたとされる男児を特定、周辺を取材している。男児がどんな子か、親の職業は、といったことに目を向けるメディアの論理は、暗い世相を体現しているかのようで、こちらも暗い気分になる。問題の”担当教諭”も標的になるだろう。下々の荒波は、イジメよりもっともっと高いかも。 
 
 そんな皇室のイジメ問題に騒ぐ世間だが、この問題が発覚する以前に発売された「女性セブン」は奇遇にも、”あいちゃん”つながりのプロゴルファーの宮里藍のイジメ問題を取り上げていて興味深い。

 先日発表された女子ゴルフの最新世界ランキングで、自己最高位を更新した前週と同じ3位だった藍ちゃんだが、そんな彼女もこれまで数々のイジメを受けてきた。小学6年生のときは「いじめがつらくて、学校にいきたくない」と父親に手紙を書いた藍ちゃん。プロになると更衣室に置いていたゴルフ用の傘骨が折られたり、握手を拒否されたり、硫酸で危害を与えるという脅迫まで受けた藍ちゃん。イジメだけでなく、一時は長いスランプに陥った藍ちゃん。そんな藍ちゃんがそれら困難を克服したのは、周囲の協力と一打ごとに「ハッピーか?」と呪文のように繰り返すメンタルコーチの存在だったという。

 普通だったら別にどうってこと記事だが、愛子さまイジメ問題の渦中にあっては、心温まる素晴らしい話だと思ってしまった。ナイスタイミングの「女性セブン」である。

 考えてみると、ここ最近大した芸能ネタってないんだよね。だから女性週刊誌もネタ枯れ。だから3位はパンダ。

 上野動物園に久々にパンダが帰ってくる。パンダ人気は絶大で集客力を期待されてのことだが、「女性自身」の巻末グラビアを飾るこのパンダは、そんなかわいいパンダじゃない。

 いかにも獰猛そうな面構えをしたパンダが中国・四川省の民家に押し入り、何か肉片をむさぼっている姿だ。傍らには人の足のようなものが。人食? いや、そうではなく豚肉の塊を食べてるんだって。

 パンダといえば笹に代表されるように草食というのが常識だが、食料不足で肉食になってしまったのか? 衝撃スクープと銘打っているだけあって、本当に衝撃的です。こういう企画、結構好きかも。一見の価値ありです。

2010年パンダのようちえん 卓上カレンダー

飾ってる場合じゃないじゃん!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
罪悪感に似た恐怖から? 鈴木保奈美が夫の合コン会場に乗り込んだ!
お帰りビビアン! あのツライ不倫を乗り越えて再び拠点を日本に
小栗旬「合コンお待ち帰り」だけじゃすまない、”ある疑惑”が発生

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!