今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

母親急死の報道の裏で、露呈しなくても事実が判明した後藤真希

goto0828.jpg
2008年秋頃のゴマキ。

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎まだ成長期だから
 母親の急死で、複雑で深刻な家庭事情が改めて浮き彫りになったゴマキ。我々余人には「ご愁傷様です」としか言いようがないが。しかし気になるのはゴマキの顔である。ここ最近の彼女の顔は、あまりにも変貌してしまって、昔の面影がまるでない。世間的にはモー娘。で売れていた頃のイメージが強いが、その頃の写真だと「最新情報」の感じが出ない。でも「新しい顔」じゃあ正直誰だかわかんないし。で、テレビ局はどこも「新旧いろんな写真をいっぱい並べる」ということで折り合いをつけていた。……お仕事お疲れさまです。

◎光子も本望
 知り合いのジャニーズ好きな女性(40代後半)が、タッキーの舞台に行って「フライング森光子」を見てきたそうな。いわく「滝沢クンとかジャニーズの面々に囲まれながら昇天……。私もあんな風に死にたいわぁ」とのこと。別にあれ死んでるわけじゃないと思うが。

◎真央より健康

 オリンピックを控えて最後の試合に出場するため、韓国入りした浅田真央だが、体調不良のため、タラソワコーチは現地に行かないとのニュースが……。ま、心臓に疾患があるらしいし、命に大事があってはいけないのだが。しかしこのコーチ、本当に直接指導しないよなあ。高い金取って通信教育か。真央が金メダル逃したら、スケープゴート必至だろな。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
“真央ちゃん”ムーブメント欠如でも、冬季五輪が盛りがる秘策
“カーテン越し”の梨花に高まる不穏な声
放送直前に消された、片山右京の封印された幻映像の内容とは

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク