[女性誌速攻レビュー]「JJ9月号」

「JJ」ターゲットはアラサー!? 一気に老けた「JJ」ファッションに注目

JJ200909.jpg
「JJ」2009年9月号

 「JJ9月号」の表紙は、皆既日食のために帰国した”胸元ぱっくり”エリカ様に負けず劣らず、胸元バックリな吉川ひなの。乳の形がまるわかりなキャミ姿&ひなのの組み合わせがPJの表紙にも見えますね。それはさておき、今月号のトピックスからチェック。

<トピック>
◎ 生まれ変わったら吉川ひなのっ!
◎ MEGA SNAP2009
◎ 今日買って秋まで着ますけど、何か?
◎ リボンゴム、過半数獲得です。

■内容薄いのが表紙でバレバレですから……

 まず、表紙を見て、すっきりしているなーと感じる人も多いはず。トピックスがあまり載っていないせいだと思われますが、文字が表紙にズラーッと載っているのが女性ファッション誌ですよね。パット見で「こんなことが載ってるんだ~」ってワクワクさせるための文字ギッシリなはずなのに、今月号のJJは、表紙に載せるほどのトピックスじゃないでしょうと感じるものをセレクトしているのも欠点。

 その数少ない表紙トピックスの中の、「リボンゴム、過半数獲得です。」については、タイトルも「。」で終わっているところからして、たいした内容ではないという想像がつきますが、実際にたった4ページという寂しい特集です。ただのカタログページ。中盤の「NO RIBBON NO LIFE」という8ページに渡るリボンアイテム特集の中に組みこんじゃえばいいのに、あえてゴムだけ独立さえたのは企画の水増しでしかないような。

■一気に年を取ったJJファッションに、赤文字戦線離脱の気配

 赤文字系のファッション誌、CanCam、ViVi、Rayなど、”若さ”溢れるテイストの中で、ギャル系とかコンサバ系とか分かれているはずなのに、今月号のJJはなんだか若さパワーが落ち気味!? 最近のJJはコア読者層の大学生よりうんと年上の、吉川ひなの(29)を大々的に使うなど、ターゲット層とのズレが気になっていたものの、載っているファッションまで老けてしまうと……。

 特に、「夏から秋は「モノゴー」でGO!」では、見ているこっちまで老けた気分に。”モノゴー”とは、”モノトーンゴージャス”のことを指すらしいのですが、いかんせん誌面的に地味……。色味が少ないなら、ライティングやヘアメイク、スタジオなど他の部分をしっかり作り込まないと誌面的に持たず、苦しいページになってしまいますよ。モノトーンだからこそ、センスが如実に表れてしまうのは、ファッションも誌面作りも同じですね。

 それに、若さゆえに着られる色ってものもあるし、もっとフレッシュさが欲しいです。CanCam、ViVi、Rayと比べると、明らかに老けた感じが出ています。これは、雑誌自体のパワーダウンの象徴なのでしょうか……。

 逆に、なにかの戦略? だとしたら期待しますよ! 次の号が若返るかいなか、注目です!!

■昔のJJって感じがなつかしい、CA特集

 かつてお嬢系雑誌で一世を風靡したJJ。今月号もブレブレな方向性は脱出できていないものの、正統派JJらしい特集を発見! その名も「空のお仕事って、どうですか?」。うーん、タイトルはイマイチだけれど、CAってお嬢な感じもあって、昔のJJのイメージにぴったりな感じがします。

 その特集内容は、いたって真面目! 赤文字系ファッション誌で職業の特集となると、「楽しそう」「憧れる」というような夢を与えるように、写真メイン&原稿そこそこなページ構成でですが、こちらは”ザ・記事”という感じの重めの3ページになっています。JJ世代の女の子が、こんなに文字ぎっしりな静かなページを読むのか疑問ですが、そんなことは考えていないのでしょうか? 

 最後の取材後記では「華やかさの陰には、努力の積み重ねがありました」とあります。いやいや、華やかさが全然伝わらないですから。もうちょっと、華やかさを全面に出して、で最後に、でも大変な仕事なんだよっていうなオチにしてほしかったです。失業率6%、就職難のご時世を反映した、実に重たいページでございました。

 企画の水増し、モノトーンの地味な誌面、リアルすぎるお仕事ページと、そこはかとなく感じられる確かな”老い”。それは編集部の慢性的な疲労からきているのかもしれません。なんとか夏休みでリフレッシュして、いい雑誌を作ってくださいね!

『デボラがライバル』

いまじゃ考えられないキャスティング

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 方向性の定まらない「JJ」 8月号は、先月と内容かぶりまくり
【関連記事】 「PINKY」モデルの私服コーディネート、一般人には参考にならない!?
【関連記事】 「CanCam」7月号で語った、上原美優の”進行形”ビンボー話

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー