すべては上地雄輔のため! 木下優樹菜とFUJIWARA・藤本の熱愛真相

yuusuke.jpg
「たんぽぽ/海賊船/其の拳」遊助/ソニーミュ
ージックレコード

 5月末にフライデーされたことで発覚した、おバカアイドル・木下優樹菜(21)と、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(38)の熱愛。コンビニでの熱々ショットがバッチリとらえられており、さすがにこれは言い逃れできないと思ったのか、藤本は関西テレビ『お笑いワイドショー マルコポロリ』で「付き合っていますよ。チョリーッス」と堂々の交際宣言。木下の所属事務所も、「もう大人なので本人に任せています」と、深い関係にあることを認めるかのようなコメントを発表し、17歳差カップルの交際は既成事実となったのだ。

 木下といえば、かねてから『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系列)のおバカ仲間である、上地雄輔との関係が噂されていた。しかし、この報道により上地との関係は噂に過ぎなかったか、すでに終焉を迎えていた、ということになるのだが、あるフジテレビ関係者は、こう明かすのだ。

「木下と上地は、まだ付き合っているんですよ。木下と藤本の熱愛報道は、2人の関係から世間の目を逸らせるために仕組まれたものだと聞いています」(同・関係者)
 
 これは一体、どういうことか。

「上地は”遊助”名義で行っている歌手活動が絶好調。3 月に出した1stシングル「ひまわり」は40万枚超を売り上げ、ここのところこれといったヒット曲のないヘキサゴンファミリーの中にあって、久々の大ヒットとなりました。もともと、上地はソロCD以外にも書籍や写真集など物販に強く、いまもっとも売り上げ利益を”計算”できるタレントの一人。ソロCDも売れて、勢いにノッているいま、女性関係で世間を騒がせるわけにはいきません」(同・関係者)

 そこで木下と藤本の熱愛が、フライデーの協力のもとでっち上げられたのだという。そのかいあってか、6月24日に発売された2ndシングル「たんぽぽ」は週間1位を獲得。狙い以上の結果を出している。

 また、こんな見方をする関係者もいる。

「今年の、フジテレビの夏の恒例大型番組『FNS26時間テレビ』の司会を、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』の司会者・島田紳助がつとめることが5月末に発表されました。ヘキサゴンファミリー総出で”おバカ騒ぎ”が繰り広げられるのでしょうが、昨年は、同期のライバル・明石家さんまが司会を担当し、好成績を上げているだけに、紳助はコケるわけにはいかない。そのため、早くも”羞恥心復活”を目玉企画にすることが内定しています。それまで上地の価値を下げるわけにはいきません」(制作会社スタッフ)

 こうした事情が様々に絡み合い、あのスクープショットが生まれたようだ。実際、2人の関係は、業界内では公然の秘密だという。

「木下は、いまも上地のマンションから徒歩1分の距離に住んでいますし、上地との関係が噂された頃からつけている、”Y”のモチーフがふたつ重 なったネックレスを、最近もよくつけています。いうまでもなく”YUKINA”と”YUSUKE”の頭文字です。先日は、木下がMCをつとめる音楽番組 『レコ☆HITS!』(日本テレビ系列)で、上地のCD発売イベントのVTRが流れましたが、その映像を見ているときの木下の嬉しそうな顔といったらありま せんでした」(ワイドショー関係者)

それにしても疑問なのは、木下の相手に藤本が選ばれたことである。

「藤本は、あぁ見えてディズニーランド好きだったり、お酒も甘いカクテルしか飲まない、まるでOLのような男で、ヘキサゴンファミリーの女性タレントたちと等しく友人関係を保っているんです。かねてからスザンヌや里田まいも、”メールが来るのはフジモンくらい”と発言しており、そこに男女のスケベ心をはさまずに付き合えることを明かしています。そんな藤本だけに、”万が一”の間違いが絶対に起こらないと、木下や上地、紳助も安心してダミー役を頼めたのでしょう」(放送作家)

 藤本にしてみたら、「チョリーッス!」というギャグがひとつ増えた、程度のことなのかもしれないが。

『上地雄輔物語』

読まなくてもなんとなく内容わかる。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 元・羞恥心 生き残るのは意外なアノ人?
【関連記事】 Hey!Say!JUMP・山田涼介が上地雄輔に「ブザマだ」
【関連記事】 絶妙すぎる「羞恥心」の新曲タイトル

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク