男性は意外とニオイに敏感

あなたも「クサイ!」と思われてる!? 自分じゃ嗅げない○○のニオイ

atamakusai.jpg
ワキもお口もニオイ対策はバッチリ! だけど……

 夏は誰もが恋に開放的になる季節! でも一方で、女子にとっては心配事が増えるシーズンでもあります。無駄毛の処理は完璧かしら? 日焼け対策にアセモ予防はバッチリ? でもイチバン心配なのは、やっぱりニオイ!

 女性はニオイに敏感なんていいますが、それは男性も同じです。彼を誘惑するようないい匂いでいたいと思うものの、悲しいかな現実には、自分でも知らず知らずのうちにイヤ~なニオイを発してしまっているかも。

「ワタシは普段から制汗スプレーで対策バッチリよ♪」

と思っているそこのあなた。甘い! 実は、自分ではなかなか気づきにくいある部分のニオイがあなたを異性から遠ざけているんです。まずは、以下のニオイに関するアンケート結果を見てみましょう。(資料提供:エルシーラブコスメティック

■カラダの臭い、どこが(何が)気になりますか?

 1位の「陰部」は、女性ならやっぱり誰でも気になりますよね。自分じゃニオイがよくわからないし、エッチのときは不安になってしまいます。2位以下は「口臭」「ワキの匂い」と続き、まあ順当な結果。でも、このアンケートではあまり意識されていないある部分が盲点だったのです。それはズバリ、「頭のニオイ」

■頭の臭いを他者から指摘されたことはありますか?

 この結果からも、頭のニオイは自覚しにくいことがわかります。たしかにワキやお口のニオイなどと違って、よっぽど密着しない限り頭のニオイなんてわからないですよね。でも、だからといって、「別に気にしなくていいじゃん」なんて思うのは見当違い! 次のアンケート結果を見てみましょう。

■男性に質問です。女性の頭がクサイと感じたことは?

 なんと、男性の約半数が「クサイ」と感じたことがあるという衝撃の結果に! 意外と気づきにくいのですが、男性は女性より背が高いので、抱きしめた時に女性の頭の位置にちょうど男性の鼻がきてしまいます。つまり、頭は一番ニオイをかがれやすい場所なのです。アンケート回答者の具体的なコメントを見ると、

・抱きしめた時、脂と汗の臭いが……
・フケを見たとたんイヤになった
・一緒に寝てて、頭が近くにあって、呼吸とともに匂いが。んぐってなった
・濡れた犬のような、ケモノ臭い感じでした

などなど、女子にとってはショックな発言ばかり。自分が気付かないところでこんな風に思われてたなんて、最悪の事態ですよね……。でも、毎日ちゃんとシャンプーしてるのに、なんで臭くなっちゃうの?

■頭皮のニオイの原因って?
・スタイリング剤がしっかり落ちていない
・忙しくてお風呂に入れなかった!
・シャンプーやリンスのとき、よくすすいでいない

 頭のニオイとは、頭皮のニオイのこと。その原因は、毎日の髪のお手入れにあったのです。これらがもとでフケが発生し、それが悪臭のモトになってしまいます。頭のニオイ対策として、男性用のスカルプシャンプーを使用している女子もなかにはいるようですが、あのスーッとした香りがオジサンみたいでちょっと気になっちゃいますよね。

 そこで編集部が見つけてきたのが、この女性用ケア用品「ジャムウ・スカルプクレンザー」

 これは、シャンプーの前に使うプレ・シャンプーというもの。通常のシャンプーではなかなか落としにくい、頭皮の汚れを洗浄する効果があります。週に2~3回から、気になる人は毎日使用してもいいそうです。

atamaiinioi.jpg

 編集部の女性スタッフも試してみたところ、「ス~っとした爽快感が気持よくて、毛穴の中までキレイに洗ったような感覚。実はちょっと気になっていたフケも出なくなりました♪」(本人談)とすっかりご機嫌に。

 これでパーフェクトな香りの女になれる(ハズ)! 女子たるもの、内面から香るオンナを目指したいものですが、まずは現実的な対策をしっかりやっておきましょう!
(編集部)

■記事で紹介した商品の詳細はこちら
「ジャムウ・スカルプクレンザー」
「ジャムウ・スカルプクレンザー」を実際に使ってみた体験談

■ニオイに関するアンケート調査
・デリケートゾーンのお悩みで最も気になるものは?
・おりもので気になる点は?
・「ワキガかも?」と思ったことはありますか?
・デリケートゾーンの臭いを他者から指摘されたことはありますか?
・数年前より、自分の体臭が気になりますか?

■関連商品の紹介
「ジャムウ・ボディパウダー」
 シャワー上がりにこのパウダーを使用すると、肌が汗でベトつくことがなくなって、熱帯夜もスベスベお肌♪ 彼氏もきっと大喜びです。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク