[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

長野博、禁断の”トラウマを感じさせる演出”でファンを泣かせた!?

 2月7日に新潟県民会館でスタートを切り、8日には金沢、11日には福島……と順調に歩を進めているトニセン(20th Century)の全国ツアー『20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY』。メンバーの井ノ原快彦曰く「失った輝きを補うための」キラキラな衣装に身を包み、トニセンならではの見事な歌唱力とダンスで観客を魅了。

 さらに客席へ降りて観客と触れ合うシーンでは「大人の女性だから(大事なところは)触りたいのを我慢してくださいね」と余裕のセリフで客席を湧かせ、弟分であるカミセンの曲を披露したり、所々に小芝居を挟むなど、ベテランならではの様々な演出で楽しいステージを創り上げている。
 
 メンバーが企画、構成を担当したという今回のコンサート、ファンからも大好評なのだが、ただ一つ、初日の”ある演出”に批判の声が集まった。それは……。


「7日の新潟に参加したんですが、途中で『長野(博)くんから重大な発表があります』と言ってイノッチと坂本(昌行)くんが舞台ソデに引っ込んじゃって、長野くんがぽつんとひとりだけ舞台に残されたんです。それから『このコンサートが始まるまでにいろいろなことがありました……』とか真剣な口調で話し始めて。ついつい『もうやめて~』って耳をふさいじゃいました。結局、これを前フリに『長野の秘密』っていうVTRが上映されただけなんですが、V6ファンにとって初日の重大発表にはトラウマがあるから……こういう演出はホントやめて欲しいです」(コンサートに参加したファン)

 この”トラウマ”とは、07年のコンサートで発表された井ノ原と瀬戸朝香との結婚報告のこと。「ファンに一番に報告したかったから」と、初日のMCで本人の口から発表され、当時は「ファンからも温かい祝福を受けた」と報じられた。しかし、実のところその後のチケットをキャンセルする井ノ原ファンが現れるなど、熱心なファンにとってはかなり辛い状況だったという。

「その後、08年にTOKIOの山口達也クンもライブツアー初日に、元モデルとのできちゃった結婚を報告しましたよね。それ以降、コンサート初日は”鬼門”になりつつあるというか……ナーバスになるファンも多いんです。それを分かっていてわざとこういう演出をしたとしたら、ちょっと悪趣味だし罪作りですよね。長野ファンの中には泣いちゃってた子もいたみたいです」(同)

 特に、トニセンの残り二人はかねてから恋人の存在がうわさされ、年齢的にも「いつ結婚してもおかしくない状態」と言われているだけに、ファンが嘆くのもムリはない。彼らにとっては、「初日ならではのちょっとしたドッキリ」であり、サービス(?)のつもりだったかもしれないが、ファンにとっては傷口に塩を塗られた思いだったのかもしれない。

20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ初回生産限定】(ジャケットA) [DVD]

去年のライブなら安心して見られそう

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 いきなり番号交換を要求する一般人に、三宅健が困惑! 
【関連記事】 V6・岡田准一、20歳で事務所をやめようと思っていたことを告白
【関連記事】 “事務所的にもギリギリ”トニセン・長野博の舞台千秋楽

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク