[ジャニーズ最新言行録]

“事務所的にもギリギリ”トニセン・長野博の舞台千秋楽

 来年2月から、全国ツアーを開催することが決定したトニセンこと20th Century。およそ3カ月をかけて北海道から鹿児島までをくまなくまわる予定で、全国24カ所28公演という強行スケジュール。今年3月に行われたツアー「オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」の12カ所19公演と比べてほぼ倍の会場を巡ることが分かり、ファンにとっては慌しくも幸せな年の瀬となったようだ。

 平均年齢35歳、しかもひとりは既婚者と、すっかりアダルトな雰囲気をまとっているトニセン。彼らのコンサートはダンス、歌唱力、トークともに安定した実力を誇り、R30のジャニーズファンにも安心して楽しめると評判だ。最近ではファンの要望に応えすぎてか、

「あとは脱ぐしかないです」
「事務所的にもギリギリのところでやってる」
「僕たちがジャニーズということを忘れないで!(笑)」


というところまで来ているというから、ますます見のがせない?

 そんなトニセンだが、メンバーの近況で言えば、先ごろ長野博の舞台『フライパンと拳銃』が無事大阪で幕を閉じたばかり。千秋楽では、なんとカーテンコールの声に5回も応えるなどの大サービス。しかも最後には金銀の紙テープが上手と下手から打ち込まれ、舞い散る紙ふぶきとともに「Merry Christmas」の文字が……。この演出はキャストにも知らされていなかったようで、驚いた顔が印象的だった。

 観客とともにクリスマス気分を味わった長野も、「よいクリスマスを! メリークリスマス!」と笑顔で退場し、これで本当に終わりなのか……と思いきや、最後の最後にひとりだけ登場し、なんと両手で投げキスの大サービス! このテンションの高さが、どれだけ充実した舞台だったかを物語っている。

 今回の舞台を演出したのは、演劇プロデューサーのG2。彼は05年に井ノ原の主演舞台『ハンブルボーイ』も担当しており、井ノ原から「演出がすごい細かいよ」と聞かされていた長野だが、実際に演出を受けて「ホントに細かい!」と実感したのが、コメディー的な場面。G2の出身が関西ということもあってか、言い回しやリズムなど細部にわたって指導を受け、かなり作りこまれた充実の場面になったという。

 また、坂本が観劇した日には、たまたま隣にG2が座っていたのだが、上演中にずっとダメ出しのメモをとっていたのを見かけたとか。そしてこのメモは基本的に毎日化粧台の前に置かれているそうで……かなりのプレッシャーだ。

 とはいえ、もちろん厳しいことばかりではなく、出演者にTU→YUメンバーがふたり(長野と風間俊介)がいたことから、楽屋には「赤いきつね」「緑のたぬき」が常に山積みだったことや、共演の富田靖子の着替えが早すぎて「実はふたりいるんじゃないか」と話題になっていたりと、楽屋には和気あいあいとした雰囲気が流れていたとか。そんな雰囲気のよさが、前述した5回ものカーテンコールにつながったのだろう。気持ちよく08年最後の大仕事を締めくくった長野。来年のトニセンコンサートも、クオリティの高いものが期待できそうだ。

【関連記事】 V6・長野博、今田耕司に「結婚できなさそう」とツッコまれる
【関連記事】 森田剛、ソロコンのスーパーサービスに号泣するファンも
【関連記事】 食欲の秋! グルメ・長野博がラーメン道邁進!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク