リンジーにもう1人のタネ違いの兄弟(姉妹)か? 最悪!とリンジー

rinnji-rororohanna.jpg
自身がレズビアンというだけでなく、なかなか複雑なご家庭のようで……

 2組に1組は離婚するといわれるほど離婚率の高いアメリカでは、再婚で片親が異なる兄弟姉妹がいるのはそう珍しい事ではない。1985年に結婚したリンジー・ローハンの両親は、リンジーが3歳の時に別居、紆余曲折を経て07年に離婚しており、リンジーには片親の異なる妹と弟がいるが、もう1人いる、とSNSの「マイ・スペース」で告白している。


 たびたび自動車事故を起こしたり、アル中のリハビリ施設に入所したりと、リンジーの「つきあいにくさ」も相当なものだとは思うが、彼女は父があまりにも「つきあいにくい」のを理由に08年にもう連絡は取らないと発言しているのだが、今回の意図は何なのか?

 「ピープル」誌の最新のニュースによると、リンジーは次のように書き込んでいたそうだ。

「父が私と家族に色々と知らせてきた事があって、その中で、22歳の妹のアリアナ・ローハンの下にもう1人子供がいるんだって。それともアリアナの前だったかな。とにかく、私のママがいながら不倫をしたってこと。それって最悪!」

 それに対し、リンジーの父親のマイケルは「ピープル」誌にメールを出して強く否定、さらには「マイスペース」にそんな事を書いたのはリンジーではなく、恋人のサマンサ・ロンソンである可能性が高いと言ったそうなのだ。真偽のほどは明らかになっていない。

 ところで、恋人同士のリンジーとサマンサは、ホリデーシーズンをLAで過ごす予定だそう。アルコールはほどほどに、仲良く楽しんでくださいね!

【関連記事】 職ナシでピンチのリンジー・ローハンが告白! 「私はレズじゃない」
【関連記事】 歌姫ヒラリー・ダフが『”私は処女”なんて言ってない!』と激怒
【関連記事】 ブリトニー・スピアーズが「囚人のような気分」と告白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク